FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年08月
ARCHIVE ≫ 2019年08月
      

≪ 前月 |  2019年08月  | 翌月 ≫

今上天皇のこと

昨日の武道館、令和に改元され最初の「全国戦没者追悼式」のお言葉は、上皇ではなく、今上天皇であった。短いお言葉だったが、上皇の思い、平成の平和を堅持、持続させるという意志(意思ではない)を感じさせた。特に次の言葉

多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります

過去を顧み、深い反省の上に立って

と言われた。ご本人の言葉であろう。

実は、皇太子のときに、数メートル近くで2時間近く、今上天皇を見つめる機会があった。2006年7月9日のことだった。

学習院大学 学内ホール(呼び名不明)
指揮 福田一雄
桜友会創立85周年記念(岩城宏之追悼演奏会)今上天皇陛下はビオラ
ワーグナー/歌劇「タンホイザー」序曲
ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」 (ソプラノ:大島洋子、アルト:寺谷千枝子、テノール:井ノ上了吏、バリトン:黒木純、学習院OB合唱団)


以上のコンサートに行ったのだ。
どうやってチケットを手に入れたのかは覚えていない。

ただ、岩城宏之指揮に関心があって手に入れた気がする。そして、会場に入ると岩城宏之氏の遺影が指揮台の近くに置かれていた。わたしのチケットは最前列で指揮台に向かって左側だった。

小澤征爾氏の指揮のコンサートは3回くらい見ていたが、岩城さんの指揮、その生演奏?は観たことがなかったので、、とても残念だった。

それから気づいたのた。皇太子がごく自然にステージに現れる楽団員の流れにのって、普通の一人のビオラ奏者として最前列にすわられ、隣の奏者に微笑まれていた。

ナルホドここはそうか、とその時気づいた次第だったが、そこからは、ずっと皇太子の立ち居振る舞いを、観ていた。

皇太子は、指揮者を他の奏者よりも多く注視し、周りの音を落ち着いた表情ながらよく聴き、さらに配慮しながら、楽しんでおられてた。

たぶん、日頃から怒ったり、嫌な表情を微塵を表さない人ではないか、、と感じた。華厳経に「心はさながら絵師のごとく」とあるが、皇太子は感情をうまく淘汰されていて、内面の機微を統御できる人なのだなと感じた。

それにしても、またなぜ、ビオラを選んだのだろうとか、この人の内面を知りたくなったのだ。

ビオラが主旋律を奏でることは少ないが、
アンサンブル、調和の鍵をにぎるパートにある。指揮者と同じように全体を俯瞰して、聴こえ、心地よいのだ。

わたしには、あの演奏会の中で、そうしたビオラのポジショニングが、令和の天皇のあり方、和をもって令(いい空気感)とする、といようなポスト象徴天皇制を、自ら選ばれていくように思えた。

検索すると、今上天皇のご学友がこう語っていた。

白石都志雄氏
「ビオラというポジションはオーケストラの中でいくとバイオリンの下にあって、チェロとコントラバスの上にあるという、ちょうど真ん中、中間部の音域を作る楽器になります。
全体のハーモニーの中心に当然いますし、オーケストラの中でもほぼセンターの方で弾くわけで、上を見ながら、逆に下にも気を配りながら弾くポジションでもありますので、本当に全体を俯瞰(ふかん)するような位置の楽器を自ら選ばれたのかな、という印象を持ちます」


わたしも、あの時感じていたのも、そういうことだ。

引き続き日本は、良い君主に恵まれたのだ。今上天皇は、一段と、この国の人々の中に入ってきて、国民を深く広く、寿ぐだろう。

エアコンが効いていて、やや肌寒かったが、いいコンサートだった。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();