わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年05月
ARCHIVE ≫ 2018年05月
      

≪ 前月 |  2018年05月  | 翌月 ≫

漫画家 横山隆一の言葉

何気に読んでいて、はたと泣けた文章に出会った。フクちゃんという漫画をかいた横山隆一(1909/5/17~2001/11/8,92歳没)さんの文章だった。小林秀雄全集の付録をひとまとめにしたもので、小林秀雄と交流があった方たちの思い出みたいなものが集められた単行本「この人を見よ」の、186頁にある文章だった。

そのまま、以下に掲げておきたい。たぶん、話の場所は鎌倉であったろう。

それとは別に、僕が小林(秀雄)さんの親切について忘れられないことがある。
戦後のことだが、僕の娘が亡くなった。生まれて一か月もたたなかったので、誰にも知らさなかった。

会葬者は永井龍男氏と小林さんの二人だった。リヤカーに棺を乗せて僕が後から押していった。
桜が道路一杯に散っていて、それを踏みながら坂道を登った。登っている内、なんともよい音が聞こえてきた。

カロンコロンという妙なる音である。はっとして考えた。子供の棺の中から聞こえてくるのは、僕が放り込んであった玩具のオルゴールだった。

僕は、車を押すのをやめて、小林さんの方に走っていった。僕は笑い話のつもりで面白そうに話している内、小林さんの顔を見て、急に泣けて来た。

どうと云う訳でもない。小林さんと永井さんが、どんな事を云ったのか、どんな表情をしていたのかも、忘れてしまったが、其時の僕の心には二人が助け神の様に見えた。


自然体の文章だ。読後思った、小林秀雄は、自分の長女を育てて来たこととを重ねて、横山さんの幼女の死を悼んだのではないか、と。なぜって私は、すぐ3歳の次女が赤ちゃんだった頃のことを連想したからだ。

どんなに医療技術が進んでも、生まれて間もない幼子の夭折は他人事(ひとごと)ではない。

ちなみに、小林秀雄の娘は、成長し、白洲次郎、白洲正子夫妻の長男と結婚したわけだが、、

永井龍男の短編「蜜柑」を読んだ。宮本輝の編集「魂がふるえるとき」(文春文庫)におさめられいる短編小説だった。
永井龍男(1904/5/20~1990/10/12、86歳没)の学歴は中等教育だけだ。しかし、菊池寛に認めらるほどの、文章の力をもった作家なのだろう。

西城秀樹さんの死

5月16日の水曜日、西城秀樹さんが逝去した。63歳。私より、学年は一つ下だったが、
まぁ、同年みたいなものだ。彼の死に、さまざまな思いがよぎった。

とりわけ、、
四十代なかばで結婚され、お子さんは3人で、たぶん一番上の長女は、まだ中学生、14歳くらいではないか、、成長を見守れず、さぞかし、悔いが残るだろうな

私も、長女は51歳のときに生まれた子なので、とても他人事(ひとごと)とは思えないのだ。

急性心不全が直接の引きがねだったようだが、問題は、何年か前にラクナ梗塞が再発し、その進行が治まっていなかったことにあったと思う。ラクナ梗塞は治りにくいのではないか、、

西城さんは、脳梗塞になる前は、健康面はかなり自信をもっておられたようで、サウナが好きだったと記憶している。

たしかに、私たちの世代は、若いころ、運動しているときに水を飲まない、遠ざけるという精神論は、よくみかける光景だった。大きな勘違いとも知らされずに。

それにしても、西城さんはよく辛抱強く、リハビリの努力されていたなぁと敬服の念が湧き上がってくる。立派だった。人間として、深く大きい「命の器」になっておられたと思う。その生きざまは忘れない。。合掌

これから老いていくなかで、自分にとって、中庸あるいは中道はどんなものか、西城さんの死を通じて、しきりに考える次第。

追記、、近所に住んでいた菊地さんという壮年独身だった方も、ラクナ梗塞だったが、、
人づてに、最近、神奈川の方の介護施設に入られた、と知った。が、具体的な施設名は聞けなかった。お見舞いが出来ないでいる。

大腸がんのときに見舞いに来てくださったが、予後の闘病が続き、何の返礼もできていなかった。なので、、気になっている。

大雁塔から渭水は見えるか

前回からだいぶ月日が流れた。遠ざかると、一気に過ぎた。こうなると、書き始めることが億劫になる。

そこでリハビリ的に箇条書きで、からはじめよう。

①5月の連休中は、AmazonプライムでBOSHEという米国の刑事ものを見続けていた。原作者はマイクル・コナリーという1956年生まれのハードボイルド作家だった。全く知らない作家だった。原作を借りて、眺め読みしよう。

②小林秀雄の「感想」(ベルクソン論)とベルクソンの本を二冊、購入した。小林秀雄は「感想」を完結せず、断筆してしまったが、そのとき何が見えていたのか。それを知りたいのだ。

③小林秀雄も講演をCDやYouTubeで聞いている。これが古い落語の聞いているようで、その声の響きがいいのだ。言外の心を感じ取ることができる。

④わが大学の創立者は小林秀雄に会っておられる。しばらくして創立者は小林秀雄の、ご自宅の庭に植える桜の木を贈られている。小林秀雄はたいそう喜ばれたという。そういえば、井上靖のご自宅の庭にも贈られたという。大学は桜並木が美しい。

⑤宮本輝さんの講演も聴いた。これもいいのだ。決して偉ぶらない作家だ。

そこで掲題の「大雁塔から渭水は見えるか」ということについて、、

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();