わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
      

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

プラトン第七書簡の断簡

繰り返しになるが、ブログは、自分本位に書く場として、位置づけている。なので、なんのこっちゃ?となるだろうが、ご容赦を。

大学の最終学年の終わり頃、学生文集「草創」に投稿した。タイトルは『プラトン第七書簡」の一文に託して』だった、と記憶している。というのも、その文集を栃原氏に貸したまま、戻らず久しく、全文はわからなく、おぼろげになってしまったからだ。

先日、同期の石戸氏と話していて、俄に想い出した。うまく言えないが、師弟不二への批判論でもあった。

石戸氏がわたしの言動として、御書(日蓮の遺文集)に師弟不二の四文字なんてないよ、とわたしは言っていたと。

そうだ、たしかに私はそう主張していたのだ。つまり、その背景には、創立者のもとに集まってきたのに、創立者はそばにいるわけじゃ、ないじゃん、という感覚が、強くあったのだ。

例えば、草創期の慶應義塾は福沢諭吉が三田の学内に居住していたように、、そんな甘えた感覚が4年間、ずっとあったのだ。

ともあれ、掲題の第七書簡の引用は、つぎの通り、、

すなわちそれは、これらの人々が、私の見解によれば、その事柄について何ものかを理解していることは、ありえないということなのです。

その事柄については、私の書物というものは決してありません。

また今後あることもないでしょう。

というのは、その事柄は、その他の学科と違って語ることのできるものではなくて、

事柄そのものに関してなされる多くの共同研究と共同生活とから、いわば飛び火によって焚き付けられた光のように、突如として、魂のうちに生じてきて、やがて自分で、自分を養うものなのです。
と。

ふと、、ちょうどその頃、1970年代後半、
創立者は、この第七書簡の断簡を、慶應の大学会の席上で、引用されていたことを想い出した。あぁ、やはり、プラトンと創立者は響きあうものがあるのだと感じたものだった。

で、最初に戻ると、常住給仕はもとより、共同研究も共同生活もないわけだから、飛び火も、師弟不二もないじゃないか、、という主旨で作文したわけだったが、、

四十年の歳月がたって、いま、あらためて断簡を読むと、面目ない、なんとまぁ、浅はかな読解だったことかと、、いささか慨嘆した。

飛び火とは、、
オイゲン·ヘリゲル著『弓と禅』の驚くべき出来事、「いま、それがおりてきました」という弓の師範のコトバと通じる。

もっというと、創立者の次のコトバはわたしへの解であったのだ。。

「私たちにはご本尊さまがあるではないか」であり、私に対しては直接「勤行してないな」というコトバであった。

ほんのわずかだが、当時でも、学会員ではない学生もいて、いつの間にか、そうした風情でいようとしていた自分だが、そんな殻など、通用しない、静かな叱責であった。ずっと残っている。

つまり、飛び火は、ご本尊に向かって唱える題目の持続の中にある。そうして題目を唱えるという行為は、数量という空間ではなく、持続という感覚で時間の中に入ることになる。だから日蓮は一遍でも唱えることが大事と言われたのだろう。

わが五行歌その1

先日、三期の石戸氏と二人宴をしていて、彼から出た言葉をヒントに
五行歌を書いてみることにした。
批評家 若松英輔氏の示唆を踏まえ、書く練習をするのだ。
これからまだ、添削するだろうが、、まずは、はじめてみよう。


「無上道の眼」

おさな子の 天真爛漫な眼でもなく

悩む青年の 悲しみの眼でもない

まして 老いた怒りの眼でもない

ただただ能忍  負けない心で鍛えつづけた

その眼には 無上道の現証が立ち現れている

三期生大会、、わが母校に行った

18日の日曜、9時過ぎに家を出て、電車で八王子の母校に向かった。10年ぶりの同窓会に出る。10時15分には、八王子駅の北口にいた。そこから母校に向かう人たちの長蛇の列。女子短大の卒業式らしい。
八王子の駅前中央の道路から直線的なバイパス道路ができていて、トンネルを抜け、母校まで15分たらずで、到着した。40年前の国道16号線を使い、ひよどり丘を超える行程だったら、こうは行かない。

実は、、面倒くさい、だれが咎めるわけでもないし、ドタキャンするか、、という心が一瞬あったのだが、、ともあれ、11時の開会から遅れること30分で、到着した。

会場前には、法学部教授のKがいた。髪は黒く、名は体を表していた。
「当起遠迎 当如敬仏」の経文通り、恬淡と案内をかって出ていた。まじめに、正しく生きてきた表情をしていて、リスペクトしている。Kは付属からではなく、都立小松川高から母校に入って来られた。お兄さんが原因不明の病か、病院のミスだったかで早くに亡くされ、それが、保険法を研究する動機になったのでは、、とかねてから推測していたが、Kに確認はしていない。よく頑張ったな、、

同期の人たちは、およそ200人はいたのではないかな。前方にいき、床に座った。全体を見渡すと、みな真っ白の頭で、なんてまぁ、みな老けているのだろうというのが、率直な感想。63歳から64歳だろうが、しわも増え、誰が誰だかわからない。車椅子の方も三人ほどおられた。そりゃ、そうだな、と横を見ると、私に案内をLINEでくれた大井がいた。大井は若かった。

高梨が司会をつとめ、一期生のアメリカ創価大学の羽吹学長、山本前学長、そして一期生の馬場学長と、談話をしてくださった。三人とも、柔らかい、いい声をしていた。どうやら、この日 一期生や二期生も集まっているようで、お三方はお忙しいようだった。どんな話だったかというと、、

・私たち通学していたころの文系の「白亜の学舎」は、今は利用されていないらしく、残されるのは一対のブロンズ像と卒業生の名が入っている銅板の壁だけになる。(いや違う、私見だが、この山を横断する東京電力の巨大な送電線の鉄塔は、あの時のままだし、これからも残るだろう)

・私たちの頃とは比べ物にならない程、学生のレベルは上がっている。例えばロシア語は東京外大に引けを取らない、いや、それ以上という評価もあり、学会員でない方も入学されてくると。(それはあながち、偽りでもないだろう。モスクワ大と強力な提携関係にあるし、ロシア留学は当然のように、組み込まれているだろうから。全体的に俯瞰して、大学入試時の偏差値は高くないが、卒業時のレベルは上がっているに違いない、、そう思えた)

・・とまあ、だらだら書くことになりそうだから、、中断。

謹んで、わが母校の創立者のメッセージを以下に載せたい。

メッセージ

みんな、青春の故郷におかえりなさい!遠くから、また忙しいところ、よく帰ってきてくれました。こんな嬉しいことはありません。ありがとう!本当にありがとう!懐かしい一人一人の誇り高き英姿を浮かべつつ、すべてを見守っています。

今朝、妻も「あなたと一緒に創大を築いてきた方たちですね。皆、本当に立派になられましたね」とほほ笑んでおりました。みんなの尊い功労は、決して忘れておりません。

御金言には、「根ふかければ枝さかへ 源と遠ければ流長し」とあります。皆さんこそ、誉れも高き創価教育の勝利の源であるとの誇りに胸を張って、いよいよ後継の友の道を、私と一緒に開いていってください。

私と妻も、今の皆さんの年代から、いやましての大闘争を開始しました。アメリカ創価大学を開学したのは、七十三歳の時です。

諸君も、大いなる力を発揮していくのは、まさにこれからである。ますます健康で、長寿で、大切な一家眷属を牽引しながら、共々に、人間王者の花道を、大勝利で飾ってくれ給え!

今年は、周恩来総理の生誕百二十周年。生涯の戦友であった鄧穎超夫人が、総理と交わした手紙の一部を、最後に贈ります。

「私たちは、揺るがず、不屈不撓で、どんな困難や障害にあっても、勇敢に前に向かって進み戦うのみです」と。

一日一日、私と共に、生涯の学友と共に、栄光凱歌の「学生歌」を轟かせながら、朗らかに進み戦おう!

二〇一八年三月十八日    
創立者  池田 大作  


創立者は、今年90歳になられた。
メッセージは、今からでいい、さぁ、立ちなさい、、そうおっしゃっていると肝に銘じよう。

堀口との対話

今日は3月21日であり、堀口と会ってから9
日が過ぎている。堀口とはある理由で、この時期に必ず会い、歓談しながら、作業をする。具体は書かない。

「昨年は、」と始まり、堀口が属する音楽学校の30周年記念のまとめ役を引き受けた話をしてくれた。

ユーミンを真似る清水ミチコを招いたらしい。ユーミンは清水ミチコに「共存共栄で」とたたえあったらしい。そもそものいきさつも、知らないのだが、みんな年を重ね、まるくなっていく。

で、堀口にきいたのだ。
「今まで作った曲のなかで、何が一番好きか?」と。

すると「明治チョコレートのCM曲だ」と。

あぁ、あのハイ・ファイ・セットが歌っていた曲、、今出してみるね、とわたしは言って、このブログの過去の記事を出して、堀口にみせ、聴かした。

堀口の目線が次第に遠く、奥まっていくのがわかり、前方を見ているようでいて、そうでなくなるのがわかり、、おもしろかった。

「普通、CMソングはコンペにかけられ選らばれるのだが、最初からオファーきたんだ。」

「5曲作ったんだけど、自分のランキングでは5位が、あれだったんだ。ただね、出来上がってやみて、時間がたつと、あれが一番よかったとわかってきた。フルで作ったんだ。」

「え、あのサビのとこだけでなくて、フルで作ったんだ。そりゃ、お宝だよ、残ってないの」

「古いカセットテープで、どこかにあるはず、」

「ハイ・ファイ・セットが歌ってるんでしょ?、、そりゃ、聴きたいな」

「わかった、、探してみるよ、でも状態は悪い思うよ」と。。

その明治CM 曲が送られてきたら、このブログに貼るつもりだ。

(訃報)
3月14日にホーキング博士が亡くなった。ALSの身体でありながら、わたしは自由である、という意味の主張をされていた。それと宇宙人が到来した場合、それを侵略的にとらえていたのが、記憶に残っている。さすが、アングロサクソン系の価値観だな、、、

すい臓がんMさんの予後

2015年12月にすい臓がん手術をした女性Mさんと半年ぶり、3/3に連絡をとった。

正直言って、症状が進んでいたら、と思い躊躇して、ズルズルになっていたのだ。
だが、連絡をとらないでいたら、必ず悔いが残る。8年前の大腸がんの時に
隣のベッドにおられた倉谷さんのことで、残念な思いをしたからだ。

開口一番、Mさんの声はハリがあり、少し、安堵した。
ただ、つい最近からアブラキサンという抗がん剤をはじめられ、
髪の毛が根元からゴッソリ抜けていく、、言われていた。

わたしも、大腸がん手術後の抗がん剤で髪の毛がかなり抜けたが
その比ではないだろう。。

「情報があります。巣鴨に玉川温泉以上のラジウムが出る健康館があり、
知り合いの紹介で、12月に体験してきました。初回は無料で、
ラジウムが出る部屋に入って、その効能等の話を聞いたのですが、
おおよそは、理解できる話でした」

「費用もリーズナブルに感じます」

「気圧調整ルームよりは、効き目が早い感じがします」

「重篤な病いのある女性のかたがた、多くおられる感じでしたので
一度。予約をとって、体験されてみて、無駄ではないと思います」

そうお伝えした。
Mさんは、玉川温泉に行ってみたいと、かねがね思っていたら、
問い合わせてみる、と言われた。

「ぜひ、そうしてみてください」と進言した。

地球一周、題目が轟く

今日で、東北大震災から7年がたった。

創価学会は世界192カ国のメンバーが、
それも若い青年男女が中心になって、
日本時間14時40分を基準に、いっせいに勤行と唱題を行った。
その数、70万人だったと、聞いた。

同日、「世界青年部総会」という名称だっだかな、開催された。

宇宙から見て地球全体から題目がとどろくという時間があったわけだ。
まったくニュースにはならないが、これこそ
エポックメーキングな世界史的事件でなくして、なんであろう。

1253年(建長5年)4月 日蓮(尊称はひかえる)が立宗宣言をしてから
765年目の慶事である。世界の平和に向けて、ギア転換が始まったのだ。

UFOが私たちに関心をもっていないかと、しきりに空を眺めてみたが、
これといった変化は、なかった。
まぁ、これからもきっと行うだろうから、、いつか気づいて欲しいな、、

再度、若松英輔さんと岩崎航さんのこと

重複になるが、宮本輝公式サイトに掲げたものをと、康さんのコメントを以下に。

輝先生、二日遅れで恐縮ですが、こころより
71歳、おめでとうございます。

いくたびもの難を、乗り越えられてこられたことか、、

さつきさんが話されていた「100分で名著」ですが、
テキスト執筆者=案内人によっては、
多くの気づきを得ることもあると思います。

1、2年前でしたが、内村鑑三の「代表的日本人」の
案内をされた若松英輔さんという批評家の話は、
とても秀逸で、魅了されるものがありました。
なんというかその言葉に余韻というか、響きがあって、
聞き手のこころを震わせるものがありました。

伊集院さんたちと対話していても、二人を見ていないような
その間に透明のテロップ?(政治家の演説のときに使う)
のようなものがあって、それを見つめて読んでいる
ような感じがしたのです。無視ではなく、自分の内なるものと
向かい合っているような表情なのです。

実際に、池袋のジュンク堂で井筒俊彦という天才の
話をされたときも、その言葉の響きの不思議さは
変わりませんでした。御歳50歳になられる。

聞き手の私たちに、しきりに「書く」をすすめられる
若松さんでして、小説はかかれていませんが詩集は
出されていて、何かをもっている文学者です。

詩歌で連想しましたが、輝先生が
「ひとたびはポプラに臥す」で取り上げられて、はじめて知った
以下の杉山平一さんの「夜学生」は大好きな詩になりました。

(中略)
あゝ僕は信じる
きみ達の希望こそかなえらるべきだ
覚えたばかりの英語読本(リーダー)を
声高からかに暗誦せよ

スプリング ハズ カム

ウインタア イズ オオバア


すると康さんから、次のコメントをいただいた。  

こんにちは、

心のギアさん、
批評家・随筆家の若松英輔さんのご紹介有難うございました。
不束ながらこれまで若松英輔さんのことは存じませんでした。

>その言葉に余韻というか、響きがあって、聞き手のこころを震わせる
>ものがありました
>自分の内なるものと向かい合っているような表情

ホームページを見ると若松さんの評論・詩集・エッセイなどが
載っていますが、内村鑑三、小林秀雄、谷川俊太郎、井筒俊彦、岡倉天心
などの評論集があります。いくつかの随筆には

「人間についての普遍的な原理を難しい言葉で記述するばかりが
『哲学』ではない。ときには肉声のなかに、手紙の中に、あるいは
人知れぬ行為のなかに、真の哲学は宿っている」(「生きる哲学」から)

「生きていればときに闇のなかを歩かなくてはならない。そうしたとき
私たちは、内なる言葉をともしびにしながら歩くことができる。たった
ひとつの言葉にも闇にある人を光へと導く力が宿っている」
(「生きていくうえで、かけがえのないもの」から)

「どんなに相手を大切に思っても、私たちはいつか別れを経験しなければ
ならない。誰かを愛することは別れを育むことである」(「言葉の贈り物」から)

以上はホームページを見ただけのことですが、あえて書き出しました
のは宮本先生の作品を読んでいていつも感じることに相通じるものが
あるように思えました。1968年生まれの50歳ですが、これからの活躍が
楽しみです。

先生の『いのちの姿』や『血の騒ぎを聴け』を再読しています。


美しい文章だな、自然と立ち上がってくる品格を感じさせる。
そこで、康さんのコメントに感謝したく、さらに次のことを書き込んだ。

輝先生、みなさま、こんばんは

遅ればせながら、年初に先生の「春の夢」を読了しました。
すぐ、読書好きの女性にもススメたら、たちどころに読み終えて、
「感動した」と。で「宮本輝って、ホントにこんなに苦労した人なの?」と尋ねてきました。そうくるか、、
「そうだと思うよ。この話、仮に、あなたに置き換えたとき、あの蜥蜴ってなんだと思う?」と尋ね返したら「父親が遺した債務超過の会社だ」と即答しました。その会社の決算書は見たことがありましたので、、深くうなづいてしまいました。

康さんへ、
若松英輔さんのこと、お調べくださり、ありがとうございました。

実は、NHKインターネットラジオ「らじるらじる」の中の「聞き逃し」をクリックすると『カルチャーラジオ 文学の世界』という番組で、批評家・文筆家の若松英輔さんが「詩と出会う 詩と生きる」という連続講義されておられます。正岡子規や宮澤賢治などを話されているのですが、

その第8回が《「いのち」の詩人岩崎航(わたる)がつかんだ人生の光》
というタイトルで、まだ40代の五行歌の詩人を取り上げておられて、おぉ、お二人は邂逅しているのかといささか驚いた次第です。(ちなみに第8回は2018年4月20日までは聴けます)

2013年8月ある新聞で、仙台に住むその五行歌人が「点滴ポール 生き抜くという旗印」(ナナロク社)という歌集を出版したことを知りました。岩崎さんは進行性筋ジストロフィーと闘う歌人でした。

私は大腸がん術後3年目でしたが、そのエッジの効いた言葉に感動し池袋の書店で「点滴ポール」を購入し、そこに岩崎さんの写真があり、見つめる目は透徹していて、(あぁ、オレの大腸ガンなんかたいしたことないな)と感じ入ってしまいました。

若松さんはそのラジオの中で「点滴ポールはいつでも読めるようそばに置いてある」また「やっと同時代の偉大な詩人に会うことができた」と言われました。若松さんの深い「読み」を聴いていて、わたしは読めてなかったのだと新鮮に驚き、触発された次第で、早速、書棚から取り出し、久々読み直してみて、、そこで一番合点がいった五行歌を以下に、


自分が どう

生きたいかに

直結する

医療的決断は

普段を 試される

直腸がんの大きさと階段転倒

備忘のために、直腸がんの大きさを掲げておきたい、
わたしの2010年5月の直腸がんは3.5㎝だった。
内視鏡で見たとき、がんの部位はドーム型ではなく、グシャッとつぶれていたことを
よく覚えている。ステージⅢb。8年経過し、転位はない。2年前に、直腸がんは卒業といわれた。

3.5㎝の大きさは、全く気にしていなかった。さっきブログを遡って、知った次第。


俳優の入川保則さんの直腸がんは、8㎝大。見つかったとき、すでにステージⅣ、全身転位していて、余命半年を告げられた。 

西部邁さんの奥さん、西部満智子さんのS字結腸がんは、5㎝。抗がん剤はやらず、お灸など漢方治療をされたが、二年後に転位再発した。

以上メモであり、もしかしたらガンの大きさも指標になるかもしれない。
しかし浸潤が深ければ、ガンの部位は小さくてもステージは高くなるかも、、と思う。

わたしの場合は、やはり、運よく見つかった症例になるだろう。

わたしには、直腸がん手術の1年前の、階段を転倒したことがガンを知らせる兆しであったと思えてならない。
ガンがつぶれていたのは、その転倒で、そうなったのではないか。1週間以上微熱と歩行困難が続いたのだ。

その階段のある建物が、この3月で終了、解体されることに。そこで、おととい写真をとることにした。わたしにとってその建物は「当詣道場(とうけいどうじょう)」だった、そう思っている。

篠田三郎の声

3日の土曜日、14時から練馬文化センターで藤沢周平「山桜」の朗読を聴いた。朗読した人は役者、篠田三郎さんだった。

半年前かな、篠田三郎さんは何か演じているんだらろうかと気になっていたときに、散歩の町内会掲示板で、朗読会を知り、申し込みしたのだ。

事前に「山桜」も読んでおいたが、関心は篠田さんの人となりを感じてみたかった次第。

篠田さんの朗読は落ちつきと奥行きがあり、柔らかさがあった。いい役者人生を歩まれてきたのではないかな、声はカンサンジュンに似ていて、女性受けするだろう。

朗読を聞いて、やはり、人生は普通の目線が一番、、それが感想だった。

いい朗読を聞くことができた。

わたしの中の「吉田松陰」は篠田三郎さんが演じた松陰で形成されている。NHK 大河の「花神」だったか、主役ではなかったのだが、強烈に伝わるまのがあった。一本筋が通った生き方が松陰と篠田さんには共にあり、響きあっていたのかもしれない。

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();