折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

「春の夢」を読む

1.きのう日曜から、宮本輝「春の夢」を読んでいる。長いこと積ん読のままだったが、春になったしなと、犬の散歩に、読みだし、歩きながら、「しいのみ公園」のベンチでも15分近くは読んで、そしてまた歩きながら読んでみた。散歩に宮本さんの小説はあっている。

犬の散歩で、本を持ち歩いているのは、この辺では、私くらいだろう。昔だったら、歩きながら本を読むのは顰蹙、ヒンシュクものだったが、今は歩きスマホ、歩き電話が跋扈しているので、さして奇異な感じにはなっていない、、とみている。15年間、モモというコーギー犬の散歩をしていると、そうでもしないと、散歩に出る気になれないのだ。

2.その本「春の夢」が、思いあたることがいくつかあった。当初、小説の名は「棲息」だったが、「春の夢」に改題した。断然、その方がいい。棲息という名だと、無機質な、やや下卑た感じがしたからだ。

①偶然、柱に釘を打ち、その串刺しにされた蜥蜴との出会い、その蜥蜴を忽然と「キン」と名付けることによって、縁が生まれる。刺されたまま、キンは死なないのだ。

②40分間の夢、それは明恵の夢日記を思い出させた。

③歎異抄に対する評価




訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();