わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年02月
ARCHIVE ≫ 2017年02月
      

≪ 前月 |  2017年02月  | 翌月 ≫

すい臓がんカフェという量子論的集合知

1.飼い犬、コーギー犬のモモは今日、満15歳になった。ひとまず元気だ。
最近、次女が餌やりに熱心になっていて、モモの排泄のリズムが狂い出し、家の中で脱糞するようになった。まずい、ひとまず餌箱を隠すことにした。

2.昨日、すい臓がん予後のMさんから次のメールが届いた。

私は、2/13に受けたCT で、嫌な兆候があり、3/1に PETCTを受診することになりました。明後日2'26には、初めて「すい臓がんカフェ」にも行ってみることになりました。

70名も参加するそうで、重力波治療を受けた人の体験談も聴けるそうです。わたしは、何でも無いときは本当に元気モリモリなんだけどな。昨日は、13回目の抗癌剤の点滴のひでした。

T病院にも、抗癌剤を専門に診る、臨床腫瘍科というのがあり、今は、外科の先生にみてもらってるけど、腫瘍マーカーの上昇が心配なのと、今後の治療方針や生き方などを含めて相談にのってもらえる専門の所に移ろうと思っています。

今より強い薬に代えてみるか?と外科の先生にいわれながら、実はなかなか踏ん切りがつきません。
看護師さんに聞いたら、髪の毛は、全部抜けるらしい。吐きけとかは、あまりないけどって。

昨日、娘に、リンパ節に転移の疑いあり、って言われて、petを受けることになったと言ったら、私以上にショックを受けてしまったようでした。今まで、なんともなかったのにって。

今年から、来年早々にかけて、ある手続の更新の年なので、なんとか、それはやりきりたいと願っています。
転移したら、もう、逃れられないのか?次の治療は、どんなものが、あるのか?明後日は、色々お話を聞いてみたいと思います。なんとか40人のうちの8人に入りたかったな。

1月の末に、一緒に手術受けた同室の人から電話もらったら、肝臓に転移があり、今は、抗癌剤も副作用で、ストップしていると言ってました。私は、どこがお悪いのですか?と言われる位元気だったのにな。でも、最後まで諦めないで頑張ります。


3.その「すい臓がんカフェ」は、すい臓がんサバイバーの木下さんが主催する患者会だ。木下さんにお会いしたことはない。が、良心的で、インテリジェンスも高いに違いないと感じていた。木下さんの患者として感性は抜きん出て、高いからだ。

4.Mさんに対して、わたしの直腸がんやC型肝炎ごとき体験で、軽々に、何かを語ることはできない。切実さのレベルが違う。なので、真っ先に木下さんの患者会の存在を知らせ、強くすすめた。生き残るためには、最新情報の収集が必須になる。また、いろいろな症例を、具体的に同病者の語らいを通じて、感じ取ることがサバイバーの資質ではないかと思う。

ちなみに、すい臓がんは木下さんのブログ、肺がんは長谷川一男さんのサイトが、、双璧だと見切る。スタンスは、よく似ておられる。

5.カフェから戻られたMさんのメールは、こうだった。

すい臓がんカフェに参加してきましたょ。行って良かった。本当に。皆さん切実な思いを抱きながら、日々戦っていました。何も手を打たなかったら、座して死を待つのみになってしまいます。ドクターと話し合って、治療方針を決めていました。

私が聞きたかった抗がん剤の話もその治療をやってる人が多く、副作用の事など、しっかり聞く事が出来ました。
意外に若い人も多く驚きでした。傷病手当金をもらって、治療に専念してる人や遠く広島から来た親子などいました。

最初の講演では、56歳で手術不能と言われて、リビングニーズ特約で保険もらった人で、重粒子線照射高度先新医療をされた話、、中略、、

私も、アブラキサン➕ゲムシタビンで頑張ろうと決心しました。脱毛は、100%だそうなので、医療用ウィッグを準備します。

重粒子線は、300万位かかるらしい。最後の手段にとっておきます。皆さんと再会を誓って別れました。ブログでも追いかけてみます。
では、また。ありがとう。


6.そのカフェには、不安を払拭させ、決断をうむ何がしかの力がある、とみる。それをわたしは勝手に「量子論的集合知」と名づけている。量子場の力だ。

7.脈絡はないが、、哲学者ベルグソンはこう言った、

ある事物を絶対的に認識するとは、その事物の中に身を置くように努めて、内からそれを認識することだ。
絶対的な知識、つまり内部から端的な知識を得るには、中核に達する知覚によって主人公自身をその個人的で、独自的なものにおいて捉え、一瞬の間、主人公と一つになることが必要であろう。

すると、源泉からあふれ出るように主人公の言動、挙措が自然に流れ出てくるように思われることだろう。その生物体の創造的な観念を内側から知覚している。

つまり、あるものを絶対的に認識するとは、それ自体において内部から単一なものとして認識することであり、相対的に認識するとは、外部から他のものとの関連において、複合されたものとして認識することだ。


以上のベルグソンの言葉はプロティノスの言葉かと見紛うほど、表現の機微は似ている。上記の「主人公」をがん細胞と読み替えていい、、そうわたしは思っている。

がんこそは、その中に身を置くように、努めて内部から認識することだ。それにより、がんは変容し、退縮する、だろう。

20年ぶりの対話

先週金曜、20年ぶりにカンザキさんにお会いした。前職時代の先輩で、縷々お世話になった。

1991年11月にC型肝炎で入院したときにお見舞いにきてくださった。その頃書いていた3年日記にカンザキさん名が出てきていて、懐かしく、またスマホのlineに表示されていたので、お礼の報告をした次第。ことのほか歓んでくださり、その日、西新宿でランチをすることになった。懐かしい「スンガリー」に入った。加藤登紀子さんの店だ。今もあること、混んでいることに、いささか驚きを感じた。

1.カンザキさんは66歳になっていた。やや太っていて、少し印象が違っていた。10年くらい前に離婚し、7年くらい前に再婚したという、お相手は20歳下で、お子さんを欲しがっているようで、不妊治療をされていると。もう、難しいかもしれないとも、言っていた。女性の、高齢出産だと障害をもつ子が生まれるリスクもあるなと思った、現に従妹の子どもがそうだったから、、そう思いつつ、口には出さなかった。

2.わたしもカンザキさんも採用したのは豊田さんという、一種独特のカリスマ性のある代表権者だった。だが、、結果的に詐欺まがいの話に有頂天になり、いろんな人から金をひっぱり、すっかり晩節を汚してしまった。さらに痴漢行為、、カンザキさんは相当な支援をしたが、絶交したようだ。採用された私たちが言うのは変だが、人を見る目がないお人だったのかもしれない。

3.その会社は、当時、よく人が病や事故でなくなる会社だったのかもしれないと、話していて気づいた。肺がん末期の今西さん、バイク事故死の椎名さん、酔ってホームで吐いているところに電車が入ってきて頭を飛ばされた人とか、、数えると8人はいた。正社員は300人程度の会社なのに、、

4.話していて、世間的にブラックな会社ではなかったが、早期退職したことは正解だった、悔いはなかった。
カンザキさんは在籍中の最後の仕事として、プレゼンで競合に勝った話は秀逸だった。見積金額ば倍違っていたのに、長期的な瑕疵担保責任をブランドとデザインの視点から強調し、受注したのだ、という。

5.わたしも自慢話をした。
在籍最期の3年間の損保営業で、新築物件の長期火災保険、それも35年の長期火災保険を売りまくる仕組みをつくり、軌道に乗せた。「長良川鵜飼方式」と勝手に呼び、営業仲間のイメージを醸成させた。親会社の新築物件を成約させた住宅営業マンに長期火災保険の話をしてもらい、保険契約を決まると、住宅営業マンに商品券を上げるスキームだった。こちらは子会社なのにナメタ企画だったが、軌道に乗ると、雪だるま式に売上は伸びていった。私が退職した後、商品券スキームは無くなり、親会社である住宅営業本社が本腰を入れ、より機能的なグループ会社の組織改編がなされていった。

2015年に損保業界が長期火災保険は最長10年と短縮されるまでに、この会社は突出して、売りに売りまくった。何しろ一件1000万円の保険料をたたき出す営業マンもいたのだから、、出るクイは打たれるで期間短縮になったのだ、と推測している。。カンザキさんは微笑みを浮かべながら聞いていてくださった。

6.旧姓クゲモトさんの話になった。とっくに東京にもどっていて、ヨガ教室を主宰しているようだ。やにわに私をスマホで撮り、lineで彼女に転送していた。懐かしい、最後に会ったのは、1996年頃か、東京駅で握手して別れた、ような気がする。家に戻って検索すると、なるほど彼女はいい表情になって、いた。逡巡の憂いのような面影は消え、自信、チャクラが開いるような感じがした。

7.先日、いただいた宮本輝さんの「おめでとうございます。長いあいだ闘い抜いたことでハーボニーという新薬と出会えたんですね。毒を出し切って、これからは宇宙の永遠の大生命を満喫する日々ですね。」という言葉、その話をカンザキさんに話すと、強い関心を示された。驚いた、カンザキさんは小説を10作近く書かれていたのだ。すばらしい、、と思わず、拍手をした。文章の型、文体が大事だと言われ、、三島由紀夫の「金閣寺」はやっぱいいと言われていた。私は三島由紀夫は苦手なので、うなづくだけだったが、、

やはり一対一の対話はありがたい、、さまざまなことが徐々に見えてくる、わかってくる。

映画「沈黙」の、外在と内在について

今朝10:10に、脳溢血で入院していたDさんが、亡くなった。詳細はわからない。入院は15日間だった。享年47歳、私より一回り以上若い、お子さんは小さい、、すこぶる、残念だ。

1.マーチン スコセッシ監督の「沈黙」を観た。2時間40分の大作。1971年に遠藤周作の「沈黙」を読んでいて、原作に近い感じがして、懐かしかった。篠田監督の「沈黙」は観ていない。初めてその本を読んだとき、単純に、人格神はいない、そう感じた。沈黙を破って、現前する神なんて、果たしているのだろうか?と。イエスも、釈迦と同じ人間でしょう、そう思った。

2.日本に来たイエズス会は、スペインとフランスにまたがる地方の、数名のバスク人によって創立した団体であり、軍隊のようなカトリックの結社だった。その布教は既成の宗教、神社仏閣に対して、戦闘的だったようだ。

3.映画の中で、霊操(れいそう、ラテン語: Exercitia spiritualia)という言葉が出てくる。鍵言葉だ。イエズス会の創設者イグナチオ・デ・ロヨラによって始められたイエズス会の霊性修行方法になる。岩波文庫から出ていて、なぜか持っている。霊操を検索すると、

「体操」で身体を鍛えるように「霊操」は霊魂を鍛えることを目的とする。修行の到達点においては神と深い人格的交わりを持つ=神の御意志を見出すことが目指される。

この映画の、ロドリゴの沈黙の内にあって、つぶやかれる言葉が「神と深い人格的交わり」によるものなのか?
その神は外在か内在か、、ここが、肝心なところだろう。「踏むがいい」の言葉は、私には、ロドリゴの内部にある気づきに、思えてならなかった。

作家宮本輝さんからいただいた言葉

このところ、書きとどめておきたいことがいくつもあったが、ブログから遠ざかっていてて、時系列にこだわらず、思うがままに、、

1.アマゾンのキンドルを買い求めた。プライムに入っていたので4000円割引を利用した次第。広告がつかないキンドルの最も安価なものだが、これで十分。目的は、著作権切れになった、漱石、鴎外、芥川などの明治・大正の文豪たち小説や、聖書など、紙で持ちたいとは思わないものをキンドルで読めるようにすることにある。青空文庫のものだからコンテンツは無料。もう一つのネライはプラトン、プロティノスそしてなにより日蓮の遺文を、打ち込むなり、検索編集するなりして、キンドルで読めるようにすることにある。わがキンドルに珠玉の古典を集成させてしまうのだ。

2.キンドルの使い勝手は、軽いし、文字の大きさも自在だし、ハイライトなどが簡単にできるので、存外いい。気に入っている。
この二三日に、とっかかりに読んだものでは、福沢諭吉の「慶応義塾の学生に告ぐ」と宮本百合子の「知性の開眼」で、ともに秀逸だった。
前者は、現下の、文科省の天下りスキームを生む根っこのところにある教育の弊害を突いているし、後者はとても読みやすく美しい文章で、自分のためだけに三冊の小説を書いた仏の女性作家のことを教えてくださった。左翼もなにも関係ない、いいものはいいのだ。宮本百合子さんは髄膜炎菌による敗血症によって51歳で亡くなられた。7歳下の宮本顕治氏の、前の奥さんにあたるのかな?

3.昨日、久々、作家宮本輝さんの公式サイトに、病気完治のことを次のように書き込んだ。

輝先生、みなさま、こんばんは
おかげさまで、C型肝炎は完治しました。
ハーボニーという飲み薬のおかげです。インタ-フェロンを使わずに、副作用もほとんど感じず、ウィルスがサアッと消えていく感じで、驚くばかりでした。

1991年にC型肝炎を発症し、1995年頃はそのインタ-フェロン治療が全く効かず、副作用に苦しむだけ苦しんで、出口なしが延々と続き、さらには乾癬を発症しだし、欝が常態的になっておりました。

その頃、肺がんを克服された方と知り合うことができました。滝本さんという方で、じっくり一対一で、1時間近くお話をうかがうことができました。病状をお話すると、私の名前などを、メモ帳に書き込まれておりました。滝本さんは、とても深い眼をされていて、すっかり魅入っていました。生ききっている人だなと感じ入っていました。絵画を見るように、わたしは人の眼を、じっと鑑賞するクセがあり、、いい眼をされていました。

つい最近、滝本さんに完治したお礼を申し上げようとしましたが、すでに80歳代の後半になられているようで、高齢者の施設におられるらしく、消息を知ることができませんでした。

あらためて、歳月は、ひとを徐々に舞台のそでに押しやっていくものだなぁと感じた次第で、それでも、7年前の直腸がんといい、25年かかったC型肝炎と乾癬といい、大きな病いを3つのりこえることができたわけで、ひとまず大団円を迎えることができたわけです。

そして、私と51歳差の小学校5年の長女も、60歳差の保育園に通う2歳の次女も、みな元気に育っております。ありがとうございました。


すると、今朝の早い時間帯に、作家宮本輝さんより、次のようなありがたいコメントをくださった。

おめでとうございます。
長いあいだ闘い抜いたことでハーボニーという新薬と出会えたんですね。
毒を出し切って、これからは宇宙の永遠の大生命を満喫する日々ですね。


「宇宙の永遠の大生命を満喫する日々」という作家の言葉は、ありがたかく、一生の宝にしよう。そこでさきほど、お礼の言葉を公式サイトに書き込んだ。

みなさま、おはようございます。

「宇宙の永遠の大生命を満喫する日々」というお言葉、胸に深く刻みます。

これからが本番と決めて、100歳まで健康寿命を伸ばそうと努力してまいります。フンザの老人のように透徹した眼を持ちたいと願っております。

先月25日、40歳代後半の友人、康夫さんが脳溢血で緊急入院して2週目に入った今も、意識不明の厳しい病状が続いていて、ひとまずは意識が回復することを祈る日々が続いております。お子さんはこれから小学校に通うお嬢さんが一人いて、、このままでは、本人も私たち友人も、悔いが残ると、強く、思っております。。

それでも、ですが、不謹慎なのかもしれませんが、康夫さんは、時間を超えて、「宇宙の永遠の大生命」につつまれて、さまざまな対話をしているのではないかと想像しても、おります。

わたしの場合、7年前に直腸がん手術して二日目の深夜に、なんとも言い表すことができない虚空にいる感じで、
「宿命」という言葉の実相は、こういうことか、と感じていて、もう、体当たりで中央突破するしかない、と決めてかかり、今日の完治にいたった次第です。

これから最後の壁、「蔵の財」を攻めようと思っております。重ねて、ありがとうございました。


以上である。

4.今、康夫さん、先般書き込んだDさんの意識が回復することを、強く願っていて、そのことが心から離れない。

心は「言葉の森」とみる

1.2015年、国連70周年のスローガンとして「誰も置き去りにしない」という言葉を掲げた。2年後、これに反し、トランプ氏の大統領令は国籍、宗教による差別、シリア難民の置き去りを明言したわけで、、嘆かわしい。

しかしながら、日本は難民支援をお金で解決しようとして、その受け入れは超消極的で、10世帯もないわけで、トランプ政策を批判ができる立場にない。それほど、難民鎖国政策は徹底している。私見では、その理由に、この国には表層上は象徴天皇制、社会心理として国体思想があるからでは?と思っている。その是非を問うことがないように、ネグレクトが共通感覚になっていると見切る。これは批判ではない。

2.最近になって、朝、保育園に行く道すがら、2歳1ヶ月の次女は、駐車場のPマークを見ると「ピー、ピー」を連発する。
ほかに「ちがう、ちがう」や「じぶんで、じぶんで」、さらに「アンパンマン、食パンマン、カレ-パンマン、バイキンマン、どきんちゃん」などアニメキャラクターの名前を四六時中、口にする。気にいっているキャラクターの固有名詞を覚えようとすることに、なんだか、さきざき、生きる上でのヒントが内在しているような気がし始めている。

3.名詞の重要性を、作家のドリアン助川さんは「プチ革命 言葉の森を育てよう」(岩波ジュニア新書)で展開している。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();