FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

雑感、

このところYouTubeで
武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」を
聴き続けていて、おそわることが多い。

内田樹氏、白川静博士のことなど教わった。

武田さんは言葉に品がある。
皮肉を言わないところが、いい。

30年以上前かな、原宿のホームで武田さんが
ボツんと電車を待っているところを
見かけたことがある。映画に出る前のことだ、

厳しい目をして、遠くを見つめていた。

どうやら、そのころが生活のどん底だった
のかもしれないと、そのことが、わかった。

武田鉄矢さんは芸能人のなかで、
不思議なポジションを築かれている。

毎朝、朝4時に起きて本を読み、ノートをとり、
ご自分の経験に照らして、感想を述べる
という作業を繰り返しておられる。

発表する場のある無しに関係なく、
日課されていて、英会話も始めておられる。

第8週、A医師との対話ほか

きのうは、14時に武蔵野赤十字病院へ、
採血は二本、肝機能と白血球を調べると
分かり、これでいい、と思った。
その後、胸のレントゲン撮影をした。
咳が出ていたからだ。

結果が分かるころまで、
肝臓病の食事のあり方について
管理栄養士によるセミナーを受けた。
受講者は60代から70代の人、7人だった。

気になった点は、鉄制限食はやるべきか?だった。

肝臓に蓄積した鉄は、活性酸素のもとになり、
肝臓の繊維化、発がんにつながるという。
ALT30以上、血小板15万以下、フェリチン250以上
の人は、鉄制限食が必要となる。

ラクトフェリンも乳製品の一つとして、
習慣的な摂取は心がけていい、
豆乳は無調整豆乳がいい、とも言われた。

15:30 担当A医師の診察。
・レントゲンの結果は問題はなかった。
・好中球は800なのでペガシスは通常通りの180
・AST.ALTはいずれも19で、チガソンを1ヶ月継続
できることになった。
・咳止めの薬を変えてもらうことはできなかった。

・インターフェロンと乾癬との関係を調べて
いただいたようで、サイトカインによって乾癬が
悪化する話をされ、第13週以降で乾癬が悪化したら
二剤投与は中止すると言われた。しかしながら、
わたしの乾癬は、サイトカインでは説明がつかないし、
現に、乾癬は治癒に向かっているので、前提が違う
わけだが、反論せず、「構いません」と伝えた。

その後皮膚科へ行き、
27日分の軟膏とチガソンて
唇用のワセリンを処方してもらう。

来週、7月30日にウイルス量を測定することになる。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();