折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年12月
ARCHIVE ≫ 2012年12月
      

≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

海江田スピーチ

先日、民主党代表になった
わが高校の先輩である海江田万里氏の
立候補のスピーチを聴いて、

強く感じたことは、、

民主党には国家観がないことだ。

国防を前提にした話だったが、
本当の国力は社会の力だとか
仰言っていた。

あらためて民主党には
国家とは、を定義する党是がないこと、
溶解した政党であること、
が分かってしまった。

菅直人の
最少不幸社会の実現などという
拙劣な言葉を使っていた
所信表明を思い出すたびに腹が立つ。

二度と、

このような国家観を示す綱領もない
政党を政権与党にしてはならない。

ロシア、韓国、中国が
日本の国境を脅かす状況に陥ったのは
民主党政権に国家観がないことに
起因する。

私は国家主義者ではないし、
原発再稼働の舵をきるであろう
自民党候補者に投票するのは
正直、嫌なのだが、

そうせざるを得なかった。

森敦さんの、意味の変容 から
学んだことだが、

円周の線は、
その外側に属するのであって、
その内側に属するものではないのだ。

国家観は、外側に属する定義であって
いくら社会の力と言ってみても、
すり替えがあるだけで、
外周を説明することにはならない。

実は、

民主党の影の首領である仙谷由人氏が
自衛隊を暴力装置と定義していたことからも、
国家観がないことを露呈させていたわけだ。

尖閣問題の主犯格は、
仙谷由人氏であって
石原慎太郎氏ではない。

石原氏は、自覚的に狂言回しを
したにすぎない。

尖閣諸島は東京都が所有し、
国に占有権を認めるという弁法を
使えば良かったのだ。

ついでに

自民党が言い出した国防軍という
呼称だが、

自衛隊を表すJapan Self Defense Forcesから

国防軍を表すNational Defense Forcesに
変えたいのだろうが、、

私は英文表記だけ変えればいい。
和文は自衛隊のまま、
使い分ける弁法をとればいいと思う。

なぜならば、既に
Forcesを 軍ではなく隊とする
という弁法を使っているのだから。

そうした、したたかさと、しなやかさが
この国のカタチなのだろう。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

今年のサンタさんからの贈り物

小学1年の長女は、
サンタクロースの存在を信じている。

24日の夕方からサンタに贈ると決めたクッキーを
母親とともに作り始め、
クリスマスツリーの横に置いて眠った。

サンタに食べてもらうのだという。

朝方ツリーのもとにサンタからプレゼントを
置いておいた。

サンタからの贈り物は、オリケシ(オリジナル消しゴム)と
ジブリ系の作品4つだ。
・CD「猫の恩返し」(The Cat Returns)
・宮崎駿作品「シュアの旅」アニメーション文庫
・「猫の恩返し」の原作アニメ―ション
・「となりのトトロ」の小説

ジブリは私が用意した。

漢字が多いので、小1の娘には少し難しいが、
それでかまわないと決めている。

きのうの朝、早速「シュアの旅」を見ながら
読み聞かせた。

風の谷のナウシカ、もののけ姫の映像と重なる
描写があり、SFのような恐ろしい話も介在してくる。

宮崎駿さんの、冷酷な現実が展開されるなかにあって
旅の目的を達成する過程が描写されていく。。

宮崎さんは、ダンテの新曲、ゲーテのファウストのように
餓鬼、修羅、地獄の世界を目をそむけてはいけないものと
克明に描写する作家なのだ、あらためて感じた。

ディズニーのような、ゆるい勧善懲悪ストーリーとは
一線を画している。

宮崎さんの大事なところは、
一人の行動によって、その出会う人の境涯を
知らず知らずのうちに変容させていってしまうことだ
と思っている。

たとえ、

地獄のような環境にある人々のなかにあっても
心がより良い方向に変わっていくというのが
根っこにあるテーマだといえよう。。

つまり地獄のような状況にも仏界は
必ずあるという確信なのだと思う。


このことはがん闘病の世界にも
あてはまるのではないかと思っている。

がんは決して悪ではない。。










着床はうまくいかなかった

日々の雑感

まずディズニーランドのこと
23日に家族と行ったが、かなり疲れた。

私はディズニーランドが心底苦手なのだ。
大挙してゲートをくぐり、
ミッキーと写メをとるために
行列を作っているのをみると、
ギョッとしてしまう。

あらためて
これはディズニー教だなと感じる。

マスでとらえるマーケティングを感じ、
巨大な共同幻想と利権構造を感じる。

その、多くのニコニコした女性、子ども
若者たちをながめていると、
日本はレジャーランド国家になった
ように思えてならない。

また

欧州では、
ディズニーランドは商売にならないことも、
直観的にうなずけてしまう、、

その昔、70年代だろうか
三井不動産の経営会議で、
ディズニーランド誘致が経営会議にかけられたとき
江戸英雄以下役員の大半が難色をしめしたという。

その中で、

オリエンタルランドの担当役員のみが、
成功を信じて、江戸さん以下を口説いて
決裁を取り付けたという。

そして、

今や生き残っているのは、
ディズニーランドだけだ。

その会社は、同時期に
西船橋に巨大屋内スキー場も作り
横浜に波が起きるプールも作ったが、
いつのまにか雲散霧消してしまったのだ。

が、東京ディズニーランドが生き残った。

ということは、それだけ
日本の文化の根っこに入りこんだ、
ということなのだろうが、、

正直、わたしは馴染めない。

反面、能や狂言に関心を持ちはじめている。

さて、本題にはいる、

ディズニーの帰り、舞浜で
へぎそばを食べたが、
そのとき瓶ビールを飲んだが、
家内も飲むという。

気づかなかった。

翌日の夕方、鍼治療に行ったが、
そこに昼頃、家内も治療に行っていた。

残念でしたね、と鍼灸師に言われて、

あっ、そうか、
またまた第二子はダメだったのかと
他人から知らされ、分かったのだ。

何か、根本的にミスマッチがある、
そう感じるのだが、
うまく言葉に表せないでいる。




映画「ゴーンベイビーゴーン」

最近TVで観た映画だが、
ずっと心に残っている。いい映画だった。

誘拐された4歳の女の子を
私立探偵と警察が協力して救出する話だ。

ただ救出を求める母親の日常ははすさんでいて、
救出されたとしても、
その子が穏やかな生活が待っているとは
およそ想像できなことがわかっていて

主人公の探偵が選択した正義が、
その子を幸福にはしないとわかってしまう映画なのだ。

エンディングは、、とても心がいたくなる。
最後のシーンで、その4歳の女の子が
TVを見ながら、
頭のうしろに両手を回す映像があって、

大丈夫かな、と前途に暗いものを予感させる。

監督のべン・アフレックは見事な手腕を見せている。

日本では公開されなかったが、いい作品だ。


その映画の原作本の続編が出ていて
年末年始、これから読もうと思っている。

少々、政治のことを

今回の衆院選をみて、思った。

二大政党とか、
300の小選挙区制とか、
民意を反映する精度は
かなり劣っているんだと
思わざる得なかった。

低投票率は支持基盤をもつ
政党に有利に働くとはいえ、
こうまで自民党の大勝ちは、
民意に反するだろう。

自民党の小選挙区候補者の
安部総裁を含むほとんどが
公明党の支持を得ていた。

小泉進次郎氏ほかわずかな人だけしか
公明党の支持を断っていない。

この事実はあまり報道されていないが、
そうした選挙協力は度が過ぎている。

小選挙区は自民党候補者にして
比例区は「公明党」と書く人々が多かったことによって
自民党が比例区で伸び悩んでいた、とみる。

そのときはwinwinであったとしても、
長い目でみたら、互いに政党にとって
好ましいことではないだろう。

党是とする自民党の憲法改正法案などは
基本的人権が消えていたり、
緊急時になると内閣の権限を強める条項があったり

公明党を支持する人々には肯定できるものではないはず、、


なので、

小沢一郎さんらが目論んだ小選挙区制はヤメにして
もう一度、中選挙区に戻すべきだと思う。

力が拮抗した連立政権の方が、民意にかなう違いないからだ。

中選挙区はお金がかかるというが、
インターネットによる選挙活動を認めれば、
かつてのような金権選挙にはならないだろうし。


ついでにいえば政党助成金は廃止すべきだ。

毎年、500億の税金を政党が使ってしまえる
仕組みは、尋常ではない。

その点、受取りを断わりつづけている
日本共産党は支持はすることはないが、
このことだけはリスペクトに値する。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

長女のケガと「ゴーイングマイホーム」と

月曜の午後、
学童で長女が転倒して顔面を、
目から額にかけて打撲し、
3箇所、擦過して血がでてしまった。

友達の女の子と遊んでいて
30センチほどの段に足かけようとして、
すべらせ、そのときにうまく手をつけられず、
顔から落ちたようだ。

脳は問題なかった。

2日目に入り、右目まぶたが膨れ上がっている。
さぞ、気分は重いものがあるだろうが
きのうも今日も、登校していった。

算数の問題で、誰も答えなかったので、
手を上げて答えたと、
今朝玄関を出る前に言っていた。

それでいい、、堂々といきなさい。。

近所の形成外科医の診察を受け、
塗り薬をもらい、顔は絆創膏が目立つが
気にするなと。

いずれにしても
不可抗力、一瞬のできごとで防ぎようがない。

軽くて済んでよかったと見切ろう。

目に見えない何かに守られたと思っている。



きのうは「ゴーイングマイホーム」の最終回だった。

淡々としていて、なんとなく

小津安二郎の東京物語を思い出させる。

映像が美しく、ゴンチチのギターが絶妙で、
いい物語だった。。

是枝裕和さんは渋いな。

視聴率は低かったらしいけど
出演者もみなよかったし、めげないでいて欲しい。

坪井夫婦は一緒に寝ていないこととか、
ダイニング兼リビングの光景とか、、うなずいてしまう

低視聴率の理由を詮索すると、

「クーナ」の存在が前提にあることは
どうも馴染めない、といことかな?と思った。


しかし、

世の中は見えているものだけでできているわけじゃない
ということは、たしかだ。

ガンをやって、そのことを悟った。

そういえば、きのうの夢は
がんが胸に再発し、
がん細胞が肉眼で、黄緑色に発光して見えているという夢だったな。。

目に見えないものに目を向ける
そういう生き方をしようと心に決めている。


メモ:昨夜は胃の上部がキリキリ痛んだが、
タケプロンとレベニンを飲んだところ
今朝は無痛になっていた、ときには西洋薬もありがたい


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

「風の谷のナウシカ」読了と妊娠反応

きのう8回目の鍼治療に行った。

だいぶ右肩や首の調子は良くなってきたので

もうそろそろ
週一の通院のペース変えたいのだが、、
まだまだ週一でないとダメと言われてしまった。

深夜目が覚め、
「風の谷のナウシカ」の7冊目を読了した。

とにかく深い、、

破壊と再生、人工の変容の是非

原発事故による土壌汚染、iPS細胞の倫理と
今につながる問題が喚起されている。

ナウシカは、100年後も読み継がれる古典になる。

鉄腕アトムが日本のロボット文化の背景になっているように
ナウシカを読んで、これから大人になる日本人によって、
ゆるやかな原発阻止への通奏低音になることだろう。。

原発再始動の力との葛藤はこれからが本番だ。

次期自民党政権は、再始動ベクトルを秘諾している
に違いないのだから。

手塚治虫「火の鳥」を超える
宮崎駿さんの真骨頂といえる物語だったんだ、と感じた。

昔ある友人からアニメとは全く違うと
教えてくれていたが、、なるほどそうだ。。

小一の娘に、少しずつ見せようと思っている。。


本題に入る、、

新宿のクリニックに行った直後の
昨夜、家内からのメール、、

一日早い判定ですが、
妊娠反応がでました、、
と。

受精卵が子宮内膜に着床(妊娠)して、
胎盤ができてくると、
胎盤から絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が分泌される。

これらが血液中に増え、尿中にも排泄されるので、
これを検出して、
妊娠を早期診断する検査が妊娠反応検査の結果が

いい結果だった、ということだろう。

まだ先は長い、、

ひとまず、、

「おめでとう、よかったね」とRメールした。。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

組曲虐殺を観たあとに

昨日は井上ひさしさんの最後の戯曲
「組曲虐殺」を天王洲銀河劇場で観た。

3時間に及ぶ話で、
いまの自分には、いささか長く感じた。

「小林多喜二くん、絶望するな」のくだりで
井上ひさしさんは客席で涙を流したという。

築地警察署で虐殺されていたこと。

豊多摩にいたこと、、
千田是也氏がデスマスクをとった、、
とか、新鮮だった

出演者全員がエンディングが
近づくに連れて、
目がキラキラ光ってくる。

涙が出ているのだ。

あとで聞いて、わかったが、

みな、
井上さんの言葉が、言霊が、
心にしみてくるからだ、と。

終わってすぐ帰ったところ

その芝居に出ていた山本龍二から連絡が入り
練馬の「蕎麦176」にいるから、
よければ来いと留守電が入っていた。


19時頃行くと、山本夫婦は
食べ終わったところで、

自分は焼酎に蕎麦湯をかけて
飲むことにした。

ひさびさ酒なので、うまい。

がんの話になった。
山本も大腸がんをやって10年がたっていた。

山本は術後抗がん剤の飲み薬を二年続けたが
なんともなかった、、と言っていた。

大腸の検査は毎年でなくていい
それより胃カメラの方を頻繁にやれ
と言っていた。

そうかもしれない、、

ほか、ゲラゲラ笑いながら
うまい酒で、すっかり酔ってしまった。

山本は、奥さんの声が好きだと言っていた、、

劇団青年座のブログの中で
こんな言葉が載せられていた。。

正義について

初めて正義を知ったのは『月光仮面』でしょうか。
それ以降、現実的にも歴史的にも数多くの正義を見てきました。
が、自分には似合いません。

清貧に、ただただ状況を生き、慣例に従って死ぬ。
あるとすれば、家族を懸命に守ること、でしょうか。

山本龍二

たぶん、思いのままの言葉だろう。


そういえば、、

蕎麦176のご主人ノウちゃんは
64歳になっていた。。

ご主人は高瀬憲雄さんという。
(苗字は知らないに近かったが)

ふと手にした10年前の、
「散歩の達人」に実名が出ていた。

だから、実名を出してもお赦しいただけるだろう。

ここに書いておかないと、また忘れてしまうから、、

店は、130年前の古木を再利用した柱が
重厚で、かつ温もりを感じさせる。

ノウちゃんのセンスの見事さだ。

蕎麦屋の前は、、
もう記憶の中にしかない、

その、70年代の「茶居茄」は、

ノウちゃんとあいさつすることにより

一瞬だが、、かろうじて、

なつかしく、思い出すことができる。。


無名だが、
知る人は知っている。

ノウちゃんは、渋い人なのだ、


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

声はその人の基底部を表す

最近はiPhoneでラジオを聞く
ことが多くなっている。。

iPhoneは4sのままで、
その大きさがちょうどいい。

携帯ラジオとして聴くには、これでいい。。

故障するまで4sのままでいよう。


今はNHK金曜の朝の、
作家で大学教授の
高橋源一郎氏の話が好きだ。

声、トーンがいい。。

2012年4月から担当しているらしい。。


ちょうど今も聞いている、、
ゲンちゃんの現代国語、、

ゼロの言葉、、
糸井重里氏の定義する「大人語」について
語っている、、おもしろい


いつも、微妙に笑いが介在し
声に知性があって、おかしさが伝わり
リスナーに明るさをもたらす不思議な声だ。

永六輔さんや
糸井重里さんの声の響きの先にあるものと
似ている。

NHKはいい人をひっぱってきたものだ。。

高橋さんから、
くつろいだ感じで
国語を教わっているようなものだ。

何しろ、家人の橘曙覧(たちばなのあけみ)

たとえば、独楽吟の、、

たのしみは 珍しき書 人にかり
   始めひとひら ひろげたる時

たのしみは ものしりびとに 希にあひて
   古しへ今を 語りあふとき

たのしみは そぞろ読みゆく 書の中に
   我とひとしき 人をみし時

たのしみは 世に解きがたく する書の
   心をひとり さとり得し時



幕末の歌人であり、松平春嶽と同時代で、
ほとんど無名のまま、生涯清貧の暮らしで終わる、、

全く知らなかった。。

幕末のそうなら、
今もそうで、

いつの世にも優れた人は
必ず、いるものだ。。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

勘三郎さんの死

今朝の、18代中村勘三郎さんの逝去
の報道には、えっと絶句した。

一度観ただけの歌舞伎に関心が
ないものだが、

ひとつ違いなので、気になっていた。

まさか、57歳で亡くなるとは、。

これからじゃないか、、と

食道がんの転移が内在していたかもしれない。

たぶん、ご本人の洒落で、

癌晴って

と当て字を使われていたようだが、

さぞかし、無念だろう、、


がんサバイバーの一人として、

勘三郎さんのことは、忘れない。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


花まる学習会とマドレボニータに共通するもの

長女が通う花まる学習会は
月末に会報を出していて、
巻頭言は高濱政伸代表が書いている。

先月のは、少し趣きが異なっていた。

少し検索してみて、わかったが、、

10/26か、フジTVの朝番組の「とくダネ」で
花まる学習会のコンテンツをかなり批判したようだ。

キャスター小倉智昭氏は、
花まる学習会の取材をみて、

「こんなんで生きる力はつくの」と
軽蔑に満ちた言葉で言われ、

何かのコンプレクスに強い人なんだろうなと
感じました。



そしてデーブ・スペクター氏が

「なぞペー」に大きく「へのへのもへじ」を書いて
「こんなのやってられないよ」という表情を見せたときです。

可愛い会員の子どもたちが誇りを持ってやっている
教材(命がけで作っている商品)に
なんてことするんだという気持ちになりました。


「夫を犬と思えばいい」とか「食える大人」とか、
高濱代表のキャッチコピーが
小倉氏には伝わらず、揶揄したい衝動があったのだろう。

しかし、事実誤認に基づくまったく失礼な評価である。

既に、とくダネは安倍総裁の件でもミスをおかしている。
たぶん、近いうちに、またミスをおかすだろう。

そろそろ小倉さんは降板させた方がよろしかろう。

まぁ、とくダネのことはどうでもいい。


問題の本質は

「何より多くの若い母親たちの、
 イライラがこみ上げてしまう子育ての現状」
にある。

そして、コミュニケーション能力が欠落した若者が育っている現状にある。。


ところが、どうやら子育て以前の、、
出産直後に遡って、
母親の子育のイライラが始まっているのだ。。

イクメンとして、子育てをする父親はまだまだ少ないし、、


先週、武蔵大学で吉岡マコ氏の話を聞いた。

出産後に体調が戻らず、うつになる母親の
ヘルスケアをするシステムをつくられておられる。

吉岡氏いわく、

医者、助産師はソリューションを持っていないと
言っておられた。

なので、ご自分でソリューションを考え、
ぞれを深化させ、
22人の「認定インストラクター」を育てていかれた、という。


高濱代表も、吉岡氏も、
ソリューションを持っているのだ。
そのことをわからないと、
見当はずれな批判をすることになる。


聞いていて、フラットな目線で話されていたが、
質疑応答に、その賢さが現れていた。

受講者が質問しやすいようにする手順が
なにげに、みごとだった。。

終了後に、質問してみた。。

「認定インストラクター」の制度を
国の認定資格にするとか、視野に入れていますか?と。

答えは明確に、、「いいえ」だった。

自分たちの認定インストラクターのコンテンツは
専門性、クオリティーが高く、その伝授はそうそう簡単ではない、、

別の団体がそれを考えればいいのではないか、と。

マドレボニータは大きなカタチする気はない。
その点が、花まる学習会とは対極にあるわけだ。

なるほど、、

想定外だったので、、しばらくキョトンとしてしまった。

が、よくよく考えると、

花まるは高浜代表の影響力を増して
拡大志向していくことに対し、

マドレボニータはインストラクターのクオリティを
あげることことに注力する。

どちらが良く、どちらが悪いというものではない。

問題解決の対象が違うのだから


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

右足の痛み

まず五十肩の治癒状況から

右肩は右腕を体の後ろに持っていくと
痛みは著しくなるが、

それでもかつてのように
飛び上がるような痛みはなくなり、
耐えられる痛みに変化してきた感じがする。

なにしろ右半身にダメージが出やすくなっている。

肝臓も右側にあるし、むべなるかな、、

最近気になるのは、
右足底の、小指の付け根よりさらに下のところが
腫れて痛むことだ。

どうしたものかと思案していたが、、

わかった、、
自分の歩き方が良くなかったことが、、


わたしの歩き方は、

最初、あまりかかとに加重をかけずに、

足裏中央に加重し、
つま先のの方に加重をかけていく。、

後ろから見たら、
靴底がみえるような蹴り上げ方はしていなかった。

つまり足底の加重の移動があまりなかった、、

ことに気づいた。。


なので、かかと→足裏の中央→つま先と、
体重移動することを意識して歩いてみよう。。

そうすれば、痛みが解消するかもしれない。

この部位は整形外科はもとより、
鍼灸治療をやっても、
治りにくいと思っている。。

歩き方の矯正しかない、、

なので、

人の歩き方を注意深く見るようにしたい。。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

酒粕豆乳をまる1年間

今日で、まる1年間、毎日
酒粕と豆乳とバナナのミックスを飲み続けたことになる。

おかげで、
一度も腸閉塞にはならなかったし、
お通じもほとんど問題なく、過ごせてきたと
思っている。

酒粕と豆乳はオーケーで調達している。
一番安いと思うからだ。

通年でおいてある酒粕は
「沢の鶴」という練り状のもの、、
水あめが入っているようだ。。

豆乳はmarusan有機豆乳の無調整にしている。

バナナは4本100円前後もの、、

3つを混ぜて、レンジでピーして
温めて飲んでいる。。

これは薬だと思いながら飲んでいる。。

朝、飲みたくなってきて、、
すっかり、もう習慣になってしまった。

大腸がんの人は、
一度試してみてはいかがでしょうか。


 
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();