折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年08月
ARCHIVE ≫ 2011年08月
      

≪ 前月 |  2011年08月  | 翌月 ≫

白豆杉がウィルス数値を下げるというお話

中島修監修「C型肝炎・肝硬変」(永文堂)

という本のなかで、

白豆杉が、肝炎の補完医療として
有効である、と展開している。

常緑針葉樹のイチイ科の植物

中国の雲南省、海抜4000メートルに生息する
高山植物

豊富なミネラルと
大量の抗酸化物質が含まれている。

インターフェロンが効かないC型肝炎の患者5名に
6ヶ月間、白豆杉を投与させたら、

結果、3名に改善効果が認められ、
うち2人はウィルスが減少、消失したという。

現在のところ、
副作用もない、、

また、

「双方向調整作用」といって、

バランスのとれたちょうどいい状態にもっていく、効用がり、、、


「相和作用」といって、組み合わせた生薬の

相互作用を気にしなくいい、効用がある、、らしい。



たぶん高額費用がかかることだろうが、、

選択肢の一つとして、抑えておいていいなと思った。




訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();