わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年08月
ARCHIVE ≫ 2010年08月
      

≪ 前月 |  2010年08月  | 翌月 ≫

怪優の膂力

私の高校時代の友人に山本○○という新劇の、怪優とよばれる
役者がいます。去年、井上ひさし氏の最後の戯曲「組曲虐殺」で、
重要な刑事役で出ている役者でした・・・

今日、病院の診察の帰り、俄かに今後の有り様が気にかかり、
抗がん剤について大腸がんの先達である山本に、
携帯電話で尋ねてみたのです。以下、散文的に・・・

・・・・・・・
山本は2003年頃、大腸がん、具体的部位は結腸がんのステージ4と
診断され、この際「あやしいところは全部除去してくれ」と
外科医に告げて手術を受け、幸い無事成功した。

ただ術後、余命5年の可能性を告げられ、抗がん剤の飲み薬を
医者の指示されるがまま、2年間ひたすら飲み続けた。
私のようにジタバタせず、医者にがんのことは任せるという
姿勢だった。エッ、2年も飲んだのかよ~と叫んでしまった。

副作用はなかった。
けど、酒もタバコも手術前と変わらない量をやり続けた、という。

イタいのは抗がん剤の治療費が高く、ようやくある程度収入が入る
ようになったとはいえ、新劇役者にはキツかったな、、

7年たった現在、がんの転移は全くない、という状態だ、、

そこで私の点滴治療中止の状況を言うと・・・
「落ち込むな、医者に任せておけ、どうにかなるしかない」と、
突き放す口調で、結論づけた。

・・・・・・

よく山本と話していると、微妙に腹立たしくなったりするのですが、
その後、クソッという気になる、ギアが入ってくるから不思議です。

そして、今さらながら驚くのは、山本は手術後退院して、
穴があけられないからと、すぐ現場に駆けつけたり、
抗がん剤を飲みながら激しい稽古をし、出ずっぱりの舞台を
こなしていたという事実です。

病気療養中なのに、いったいあの力はどこから出てきていたのか・・・

ふと「怪優の膂力」かなと思いました。

帯津良一先生の気功を体験する

昨日は、池袋のメトロポリタンホテルで、帯津良一先生自らが
指導する気功「時空」というのを体験してきた。

会場は100名くらいの中高年の方々来ていて、
午前9時からというのに盛況なので、少し驚いた。
帯津先生が信頼されていることがわかった。

微妙に、宗教的なカリスマ性を感じた。
それと太った医者は、食事に偏りがある気がして
不養生に思えた。

しかも、この教室は家から近いし、1回500円なので、
たまに体験するのはありかなと思った。

先生は血色がよく、少し太られていて、声は暖かいトーンを
していました。実際に遠くからでもお会いしてみると、
立ち居振る舞いと表情と言葉使いと声のトーンから
いろいろ感じ取ることができる。

時空」という気功は
帯津先生が築きあげた気功のようで、
先生曰く・・・その真の目的は、「虚空との一体化」にあり、
対症療法的に個別疾患を予防したり治療したりするものではない。
だが、意識的な丹田呼吸法を核とする「時空」メソッドを実践することで、
個別・部位別疾患の予防や、治癒が早まるなどの効能効果が現れることも事実なのだ、


と主張されている。

けど練馬公民館で体験したほどの気は出てこなかった。
なにしろその時は、講師の外気功で、私の両手が勝手に持ち上がったのには
驚いた、、

気は誰にもあるのは間違いないと思う次第

抗がん剤点滴投与は中止

C型肝炎のことより、大腸がんとの闘病の方が心を支配しています。
なのでタイトルにその旨を追加することにしました。

今日現在の体重  60.2㎏  目指す体重  58.0㎏
  現在の体脂肪 14.1%  目指す体脂肪 10%

5月25日に大腸がん手術の前後1週間、絶飲食を通じて
66㎏から63㎏まで下がったが、その後玄米菜食をはじめ
牛肉・豚肉は不食としてから、さらに、徐々に下がり始めた。

リンパ節にがん細胞が残っている可能性があることから、
それが影響して体重が下がっているのかもしれない。

術後、3回ほど抗がん剤点滴治療を行ったのだが、
2回目・3回目は点滴開始後10時間くらい経過すると
39.5度の高熱がでてしまい、やむなく中止となった。


医者は「ごくまれに起きる抗がん剤が合わない体質」と
判断されてしまい、では代替策をどうするのか…は
すぐには答えてはくれず、来週8/23の診察のときに
今後の方針を決めることになる。

私を執刀した外科医は、抗がん剤専門医ではないので、、
的確な治療方法を示せれるのか、やや不安は残る。

そもそも、術後も外科医が担当し、
内科には担当が変わることないという、
縦割り体制が当然とする考えに不自然さを感じる。

いずれ起きる転移・再発を予定して、
その体制をとっているとしか思えない。

外科医は臓器の専門家であって、患者の治癒を
深く掘り下げて考えている人種ではないと感じている。

ならば、そういう外科医に依存するのではなく、
玄米菜食を中心とした食事療法を積極的にとらえることにしよう。

花火大会

初めて東京湾花火大会を見る。
勝どきのマンションの一室から、
母と姉と三人で観た。

前方に大きなマンションが立ちはざかるが
堪能できた。

花火もまた、一期一会を感じさせる。

帰りの混雑ぶりには驚いた。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();