FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年10月
ARCHIVE ≫ 2006年10月
      

≪ 前月 |  2006年10月  | 翌月 ≫

ウィルス量多少の基準は不明

2002年(H14年)10月、東大付属病院に2週間入院し、インターフェロン注射とリバビリンの併用療法を始めました。退院後は、仕事場近くにある新宿医院に通院し、週3回のペースで、翌年2003年3月までの6ヶ月間の治療を行ったのです。

ペグ・インターフェロンとリバビリン併用療法は、話題にはなっていましたが、まだ治験段階でした。

ちなみに、それでも2005年には、このペグ・リバ併用療法が始まっていますから、治験から認可まで5年はかかっていないわけで、治療法改善の速さには、驚きます。

2002年のその頃、対症療法である強力ミノファーゲン注射を週2回くらいやっておりました。直前9月の数値はGPT30、GPT39、G-GTP86と比較的安定していました。

が、やや倦怠感があり、このままの状態だと、また10年前と同じ全身倦怠感に襲われる予感がありました。

その併用療法は、私のような遺伝子1B型でかつウィルス量の多い場合でも、20%弱の確率で除去できるという話を聞きました。

私のPCR(ウィルスの定量的測定法)は、その頃も今も、850くらいあり、私は典型的な難治性C型肝炎患者です。
じゃ80%はだめかぁ、こりゃ除去の可能性は低いなぁ、とは思いましたが、体調が改善されるなら良しとしようと決め、併用療法に踏み切ったのです。


人気blogランキングへ


東大病院の若い担当医師から、ウィルス量を測定するPCR100以下を目指しましょう言われたときも、「それは気休めだろ」と感じたことを、今、思い出します。

さてここまで書いて、にわかに未確認の疑問が湧いてきました。
タイトルも変えてしまいます。文脈が変になったことお赦しください。

「難治性」を示すB1ウィルス量の多少の基準が不明なのです。

ある同病の方からは、PCR400から500を超えると、難治性になる、つまり多いウィルスになる、と聞いたことがありますが、定かではないのです。

飯野先生の本にも、その境い目の数値は書かれておりません。

数値の表示には意味がないというのが落としどころなのかもしれませんが・・・

それでも、ちょっと突っ込んで調べてみます。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();