折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 1973年04月
ARCHIVE ≫ 1973年04月
      

≪ 前月 |  1973年04月  | 翌月 ≫

P0002 唱法華題目抄2/13

(20160801)

⑴今日釈迦如来の法華経を説きたまうに


P0001 唱法華題目抄1/13

(20160718)
日蓮大聖人御書全集1619ページを、A4ノートの一頁ごとにマインドマップしようと決めた。完了すると20冊になる。もっとも惹かれるコトバを中央にもってきて、あとは徐々に線で繋げ、気づきを書き込むことにする。それをここに転記する。さて、いつ終わるやら、、昔、商法の竹内敏夫先生は、六法を縦横無尽に照会し、講義されていて、その編集のチカラに驚いたものだ。

御書マインドマップを作り、自分の編集力を一気に醸成したい。


有る人予に

心の数 5つ

受持 自らもよみかき、人をしてよみかかせ、

釈の心をもて推し量るに(暗黙知)


終に法華経を心得るものと成って


「かりそめにも法華経を信じて聊かも謗を生ぜざらん人は、余の悪にひかれて悪道に堕つべしとは覚えず」


一大聖教


大通智勝仏と申す仏 、、十六人の王子→

かはるがはる法華経を講じ給いけり


不退の位に入りにき、、



【余談】

モーガン・フリーマン
アリゾナ大学 ハメロフ教授の「量子もつれ」がマイクロチューブ内に起きる、
その情報は、宇宙にひろがる。

籠の鳥の比喩、、題目を多く唱える意味

大通智勝仏の話はパラレルワールドではないか、
地球の歴史に、大通智勝仏はいなかっただろう。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();