FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP ≫ CATEGORY ≫ 仕事と環境のこと
CATEGORY ≫ 仕事と環境のこと
       次ページ ≫

新たな仕事場

新たな仕事場となる外国人技能実習の監理組合に、前倒しで金曜日から働いている。

技能実習生はここでの一ヶ月研修を終えると、実習する会社に配属される。その送り出し、実習生を車で連れて行くのが、最初の仕事だった。

久々の車の運転、しかも軽自動車ではなく、HONDAのステップワゴンだったので、川崎市多磨区までの往復を、かなり緊張した面持ちで運転することに。

緊張のせいで、帰り道、アクセルとブレーキを踏む疲れからか、右足のスネがつって痛み出し、いささか、まいった。

そうした痛みのなか、武蔵境あたりで黄色信号の左折を思い留まったのは、正解だった。反対車線に白バイいたからだ。ささやかな僥倖。

研修生はベトナムからの二人の青年、24歳と23歳で、それぞれ家族が5,6人いるとのことで、遠い昔、地方から東京に出稼ぎにきた中学卒の若者たちに近いかもしれない。

日本人の若者は、ガテン系の仕事を忌避する現状から、その穴を埋めるために外国人実習生の名のもとに、労働力を確保する、そういう現実を、あらためて感じさせた。

わたしの方針は、
1.如実知見、あるがままを見る。
2.フラットな目線を保つこと。
3.研修生一人ひとりの望みがかなうように、できるかぎりのアドバイスをする。

という3点とした。

昨日は、30人近い実習生に自己紹介をすることになった。わたしを実年齢より10歳くらい若く見てくれていて、ほんの少し、嬉しかった。

ひとまず、ここに68歳まで、3年は在席したいものだ。驕らずに、サバイバルしよう。

満64歳10か月で次の就業が決定

今日は、わたしがC型肝炎に罹患していると判明した日から、丁度満28年になった。既に完治してから3年になるが、めでたしめでたしということで、忘れないように、わが記念日としている。

昨日、口頭だけだが、外国人技能実習監理団体の採用が決まった。じき65歳になるわたしだが、理事長は採用を即決してくださった。拍子抜けするくらいの決定だった。間に入っていただいた加藤さんのおかげた。ありがたい、、感謝。

安心せず、見習いとして来年3月までわが態勢、カタチを整えることにしよう。土休をやめて、出勤するのだ。ハードになるのは確かだ。

おまけに昨日はバタバタと予定がピッタリはまり、その出来すぎ観に、いささか驚いた。

こんな具合。
8/20にハローワークに行き、雇用保険受給資格決定日がその日となった。

待機期間が8/20から8/26までの7日間。

それを過ぎて、8月最終週に就業にくるように勤務予定先から要請があった。金曜日から就業することに。

なので、3日分の失業給付と再就職手当がもらえる見込み。8/28(水)には金額も確定し、おそらく9/5頃に支給される。

解雇なので、3か月の給付制限は、、ない。

当初、厚生年金の報酬比例部分の額が不支給になるらしいので、慎重に比較考量しようと思っていたが、報酬比例部分の5倍くらい失業給付等が多いことが分かり、あらためて雇用保険のありがたさを感じた。雇用保険料は毎月千円前後のわずかな金額だったのに。

おまけに、わたしは11月には満65歳になり、失業給付の恩恵は一気に激減してしまうことも、「雇用保険受給資格者のしおり」を読み、わかった。

10か月の間、さまざまな理不尽を感じてきた塗装会社だったが、ジワジワと、報われた感が湧き上がってきた。この国の労働保険制度に助けられたのだと。

ともあれ、
なんというタイミングで解雇されたことか、塗装工事会社の社長に、深甚なる感謝をする、、次第だ。

NHK受信料の解約

今月のクレジットの引き落としの中に、NHK受信料13990円があり、違和感があった。ある事情で、テレビを全く見てなかったからだ。ただ、テレビ自体は今もある。

けれどテレビは、わたしが買ったものではなかった。その具体は避けるが、そうした「特段の事情」をNHKに相談したところ、解約の手続きをする旨、回答をもらった。

なんだ、結構、話は分かるじゃないか、と。

また、
受信契約と受信料支払いとは、別のことのようだと、N国党の主張から知った。

そもそも、テレビがあったら金をとるという法理は、動産税ではあるまいし、、
土台、無理があるのだ。

スクランブル放送にすべし、、

追記、、
8/30、わたしの指定口座に、
11,470円が振込まれていた。

思いの外、対応は柔軟だった。

次の仕事になるかも

きのう、平和台の焼き鳥屋で、外国人技能実習監理団体の加藤さんと、二人宴をした。

先月までいた塗装工事会社のときの、ベトナム人実習生を監理する団体の人で、お会いしたのは2度目だったが、、

正直言って、塗装工事会社の人との対話は、通常の知識レベルが合わず、フラストレーションがつのっていたので、

その吐き出しを、加藤さんの対話で、したかったのだ。

加藤さんは早稲田を出ているが、履歴書には書かないで、監理団体に入ったと教えてくれた。賢い。なので、話が伝わりやすいと思えたのだ。

お会いして早々、加藤さんは、ベトナムコーヒーをプレゼントしてくださった。

その上、、加藤さんは私を団体に入らないかと、勧誘してくださった。ありがたい。

ただ、わたしはじき65歳に、そこがハードルだろうな、、



本業に戻るぞっと

7月1日、塗装工事会社の社長から解雇予告を受け、31日に辞める。

時間がたつにつれ、社長の判断は妥当かな、、と思えて、来ている。

是非もない、ミスマッチだけでなく、、
社長の心理が透けて見える気がしたからだ。

就業から10ヶ月がたつので、10日の有給休暇を適宜取得する申し出をして、頷いてもらった。80時間の時間単位で休む。

その前の解体工事会社より労基法を遵守する気があり、よかった。

ベトナム人の技能実習生が有給休暇取得を認めたから、私も援用できたわけで、ベトナム青年に感謝。

悲惨なのは、日本人職人の面々。社長は有給休暇を主張されるのを、かなり恐れている。

わたしも、そのプロパガンダはひかえてきたし、このあと残り一週間も沈黙する。

この会社も、前の会社も、頭をかしげたくなることが、多々あった。

わたしの給料は、職人さんの努力によってもたらされるという指摘は、その通りだ。

けれど、この職人の世界は、う〜ん、ちょっとな、、

社長も従業員も、一定のレベルの教養が、、呆れるほど、ないのだ。

とりわけ、過去5年にわたり、所得税を24万円余計に徴収されていた職人の前田さんは悲惨だった。その還付申告に対し、過去をほじくり返すな、と怒り心頭になる社長。

なに、それ、、珍八景だった。この社長もか、、と。

別段、感謝を求める気はないが、、
怒るのは皆目意味がわからなかった。

会社は、源泉徴収義務者としての配慮を、怠ってきたのだ。にもかかわらず、社長は、何なのだろう。

私に怒るのは、すじ違いだろうに。

しかも、今の塗装工事会社の社長は、その仕事に退屈していて、60歳になる4年後、ひとに会社を譲って、フィリピンのスモークマウンテンでボランティア活動をしたい、、なので今、英語学習が一番やりたいことなのだと。

年初だったか、それを聞いたとき、「こりゃ、駄目だ」と痛感した。頭の中が、ある種お花畑なんだな、と感じ、見切りをつけないと思っていた、からだ。

10百万円の短期借入金の精算は、どうするのだろう。資本に組み替えるのかな、、とか思ったりしたが、、思考は停止させた。

会社を引き継ぐ人は、さらに教養がないから、多分5年もつかな、、残念な話だが、いまさら忠言は、、しない。言っても理解できない、だろう。


わたしは今年11月に65歳になるが、

いよいよ、これからだ、と思いきり、

さらに、好きな仕事をしたくても
病床に臥せってないといけない
方が、いることを思い、、

自尊感情を呼び起こし、
本業に戻る、、ぞ。

雨の月曜日と「分人の小道具」

ようやく仕事場のPCから、記事を書けるようになった。
パスワードを失念していたのだが、
さっき、ふと思い出し、入力したら入ることが出来た次第。

もう18時だが、雨がまだふっているなんて、
久しぶりかもしれない。やっぱり、梅雨入りしたんだな。

仕事場の職人の面々はお休みで、
社長は朝方みえただけで、
終日わたし一人となり、

仕事の効率を上げることについて、朝から
以下のように、考えてみた。

1.毎日、アピカのA4ノートを縦に2分割して、1頁2日分で、
かつ最初の頁は一番最後からスタートさせて
作業ノートをつけているが、
あらためて、このやり方は自分に合っていると、
再確認した。

ちなみに、アピカのノートは好きだ。
たぶん顧客本位の理念があるのだろうが、
それがきっちり製品に落とし込まれていると思っている。

2.ただし、作業途中で、さまざまなメモやコピーを
挟んでしまうのは、パッと開いて4日分を俯瞰するには
邪魔になってこまる。前に書いたメモがすぐ見つかることは
「一人事務」には大事なことだ。

ある作家の概念で、「分人」というのがあるが、
その意味はよく知らないが、直感的に
「一人事務」は、意図的に分人しないと、効率が悪くなる
そんな気がして、分人は大いに在りだと、決めている。


では、どうするか、、

3.そうだ、いろいろ挟むメモやコピーは
コクヨの青のスクラップ帳に貼ってしまおう。
カウネットに発注だな。併せて角2の白封筒も
試しに100枚発注してしまおう。
近くにあるシマホの文具類は単価が高いしな、、

4.スクラップ帳とA4ノートの相互に参照することを
自在にするには、、やはり日付を目印にするしかないな、
日付印はDAISOで発見して手許にある。これが108円とはな。

5.でも、目印を強調するには赤で枠囲されていた方がいい。
これもカウネットでゴム印発注しよう。10ミリ×35ミリでいい。
700円だったが、ご容赦を。

このゴム印も、「分人の小道具」として必要になる。

以上、こんな感じだが、、不思議だ。
PCでブログ書き込みは整理にいいかもしれい。
はかどる感じがするからだ、、本日はここまで。

技能検定随時3級

二日続けて書く。

今勤める塗装会社にはベトナム青年が3人いる。うち一人のビエ君は技能実習生としての三年を終わろうとしている。

三年で国に帰るのかと思いきや、昨年暮に27歳まで、日本で働き、27歳で彼女と結婚する計画だ、、という。

ならば技能実習制度のプロトコルとして、技能検定3級に合格しないといけない。

2/4、ビエ君は果敢に技能検定3級に挑戦した。実技と学科と、いずれも会社の一角を提供し行われた。

最初に学科があり、試験官が私に、会社から1時間出ていて欲しいと云われた。

仕方ない、早めの昼食を光が丘のジョナサンでとったが、、気分は悪くなかった。

ベトナム青年の日本語教師になる

10月からフルタイムで働いている建築塗装会社には4人のベトナム青年がいる。いや、いたのだが、11月1日を最後に、その内の一人が失踪し、来なくなった。

ベトナム研修生の失踪は毎年7千人出るとラジオのニュースで聞いていたが、まさにその一人が会社から出たわけで、ニュースの現場にいる感じが、そのとき痛烈にした。

この会社はたしかにキツい作業もあるだろうが、給与は最低賃金の1.1から1.4倍だし、時間外も休日出勤手当も割増しで、付けている。当然だが。

おまけに年に一回は旅費を、会社負担で帰らせてもしていた。なのに、、と社長の落胆ぶりは著しく、、痛々しかった。

残っているベトナム青年の気持ちも、揺らいでいるのでは、、と心配するようになった。

会社として何か欠けているのではと思いはじめ、年末になって、その一端が分かり始めた。それは、

日本語のフリガナ、漢字が分からない。研修生の送り手の会社も、受入の邦人団体も満足な日本語教育をしていないことが、あらためて、分かった。

仕事上の話は、わかるようだが、日本語の表現がたどたどしい。ましてや、日本語を読むことはできない、ようだ。さぞかし、もどかしいことだろう。

おまけに、ベトナムの中等教育で、英語は学んでないようで、こちらが何か伝える上で思いついた英単語を言っても、彼らの頭の中のフックにかけられないと分かった。

そんなこともあってか、社長は次は英語がわかるフィリピン人がいいと言い出す始末で、、問題解決から遠のいてしまう。

暮れに、納会でカラオケに行ったが、ベトナム青年3人は、歌いたくても日本語がわからない、、そんな光景をみていて、、、

彼らには、日本語の田んぼも、日本人の平均レベルの、英語の田んぼも、頭の中には無いんだな、、と。これはミゼラブルな話だ、、

決めた。
わたしがベトナム青年3人に、無償で、日本語を教えようと。すると、プランが湧き始めた。

1.「V3日本語必要学会」と名付け、モットーは、「日本語を武器に人生に勝つ」、、にしよう。

2.今年7月に行われる日本語能力試験N5を合格させる。12月のN4も受験させる。そして漢検10級も、合格させる。

3.肝心なのは、楽しくやることだ。幼児教育の花まる学習会のように。学びは楽しく。

大晦日に、那須に住む高校の友人、国岡にこの話をしたら、それは本多先生の意志を継ぐ、いい話だと励ましてくれた。

人間がボケないために一番よい方法は、人のために動くことだ、とも教えてくれた。
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();