わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る

続、公証人との機微

前回の公正証書遺言のことだが、公証役場の確認事項として、次の11項目が上げられていた。

1.遺言者の印鑑証明書
2.遺言者の現在の戸籍謄本
3.遺言者の住民票
4.遺言者と相続人の関係がわかる原戸籍謄本
5.受遺者の住民票
6.土地建物の登記簿謄本 
7.土地建物の評価証明書
8.金融資産の明細
9.お墓の所在地、正式名
10.遺言できる判断力がある旨の診断書
11.証人の身分証

すぐ、気づかれるだろうが、10.診断書に苦労するのだ。

公証役場の公証人との機微

このブログは、自分本位で書いている。話は適当、とりとめもなく、かつ落ちはない。この自己本位に意味があるとすれば、持続を担保する言葉である、と見ている。

先日、高校の友人、山本龍二が大河ドラマに、武田の家臣役で出ていた。回想シーンの中で、一瞬見ただけだが、伊藤雄之助に近い怪優ぶりを発揮していた。
山本は、NHK のドラマに、ワンショットで出ることが多い気がする。しかも、うまい使われ方をしている。きっと、本人も、気分は悪くないだろう。

さて、本業の話。
今月16日、公証役場で公正証書遺言と任意後見契約書等の契約書調印の証人として、立ち会う。

初回打合せは7月11日であり一月のスパンか、、
契約書の原案はわたしが作った。公証人の知恵をつけてくれて、依頼人の目論見にそう内容になり、「街の法律屋」として、満足している。

報酬は、値切られ、本来の6割ほどになったが、高校の友人Kからの引き合いだったので、四の五の言うのはやめて、仰せの通りに、了解した。   

依頼人は遺言者の母親の長男であり、母親の介護に専念していて、無職の年金生活者だった。母親の財産は、23区内の自宅不動産のみ。
自宅の外観は立派でも、わたしと同様に生活はタイトにちがいない。母親の預金残高は聞かなかた。

依頼人の長男は介護疲れで、母親を特養に入れて、いずれ自宅を売却しようと考え、宅建業者のKに依頼してきたのだ。二人は中学の同期だった。

売却したら、依頼人の住まいは、心配無用で、数年前にやはり中学の同期の女性と再婚していて、売却後は女性の家に住むらしい。依頼人の筋書きは、よくできている。

ちなみに、再婚相手の女性、寛子さんは、わが鷺宮高校と同期だったが、お互いに分からず、新鮮だった。当時は、一学年450人近くいたから、知らなくても不思議ではない。

テーマから、かけ離れてしまったな、

続きは次回に、

その仕事、時限で、徹してやるしかないな、

8月に入って、今日が最初の書き込みになる。

解体会社は7月末に、Eさんが辞めて、さてどうするかと思案したが、9月までは、在籍することにした。時限立法をもじって、時限就業と見切った。

一月ずつ、テーマを決めるのだ、、

7月は、作業者の給料のベースとなる出面表をエクセルで作り、使いやすいように、簡単なsum関数とlookup関数を利用した。さらに、その日は、現場別の出面表も、今般、countif関数を利用するようにした。できばえはイマイチだったが、時間は半分に、削減できた。次回は、さらに削減できるだろう。

きのう、社長は、好きな仕事だから、出面表ばかりやっているといった叱責を浴びせてきたが、なんだか、おかしなことをいうな、と思いつつ、そこでは、謝った。

その日、社長の指示は別事項だったから、怒ってきたのだろうが、わたしとしては、プロトコル、一連の流れと理解していたし、朝の指示は、急ぎではないと判断していたわけだ。

こりゃ、互いのコミュニケーション能力に問題があるな、、と見た。やはり、うまくやれるパート労働者に、遠からず、代わっていただこう。

8月は、産業廃棄物処理の契約書とマニフェストの管理手順を、しっかり、おさえること、、

それが掌握できれば、ここは、もういい。
それまでは、徹して、仕事しよう。

社長が、怒鳴り散らして来ても、面従腹背で、やり過ごす。そう徹するのは、この会社に対し、配慮とか、おもんばかったわけではない。

解体事業者の、その業務の全容知って、わが本業に活かすことにある。

2015年に、二週間ばかり、会計事務所の定型業務に勤しむ人びとのもとにいたときには、フリーズしていた動機付けが、俄に醸し出されてくるから、不思議だ。

1840年代の米国カリフォルニアのゴールドダッシュの時代に一番成功したのは、砂金を掘り当てた人たちではなく、その人びとにジーンズを売った人だったという逸話があるが、、

今、わたしは、そういうジーンズを提供した側に立ち位置につきたいと思っている。

午後、Eさんにライン電話した。すると、社長がトラウマになり、精神的に、ちょっと病んでいる、と言われた。さも、ありなん、、だ。Eさんはよく、頑張ってきたのだ。

公共圏と政治家の立ち居振舞い

1.半年前に、工事解体会社に入っていたEさんが、28日の金曜日に、退職してしまった。そういう気配はあったが、先を越された感じだ。さて、どうするか、、

2.このところ、首相をはじめとして、政治家のテイタラクを国民の私たちは、見せつけられ続けている。かれらは、国民の税金で、食べている人間たちだ。

3.公共圏という言葉がある。検索すると、こうある。

公共圏(こうきょうけん、ドイツ語: Öffentlichkeit、英語: Public sphere)は、ドイツの哲学者ユルゲン・ハーバーマス、フランスの哲学者ルイ・アルチュセール、ミシェル・フーコーなどヨーロッパ大陸の哲学や批評において盛んに使われる概念で、私圏(または私領域)の対語。人間の生活の中で、他人や社会と相互に関わりあいを持つ時間や空間、または制度的な空間と私的な空間の間に介在する領域のこと。公共性と訳すこともある。

安倍晋三氏が盛んに使われた「李下に冠をたださず」でいえば、公共圏は、李下にあたる。

4.もう一つ,法律用語で、外観主義という言葉がある。
それは、「外観と実体が一致していない場合に,外観を重視すること」をいう。 

上記の諺で言えば、冠がずれてもなおしたりせずに、李下にいることだ。

5.二つの言葉を自己流に使って、わたしは思う。

公共圏にたった人たち、典型的な例は政治家だが、そうした人たちは、外観主義をとことん遵守しなければならない存在なのだ、と思うのだ。

6.「わたしたちは一線を越えていない」と弁解する政治家の男女がいたが、思わず、笑ってしまった。そんな話聞きたくない。モラルも問わない。

そういう「負の外観」を作った事実こそ、問われなければならない。


そうした人たちは、公共圏に立っていることを自覚して、いったんは辞めて、再び、選挙民の審判を仰ぐべきではないか。

7.安倍晋三氏も、例外でなく、大きな「負の外観」をかかえ、かつその自覚がない。加計孝太郎氏と請託のようなものは一切ないと言っても、一年間で十数回のゴルフは異常であり、その件の会話はなかったとしても、、だ。

わたしはどちらかと言えば、安倍晋三氏の言葉を信じたいと思う人間だが、「負の外観」は払拭できない。還暦すぎ男同士なら、ゴルフの最中、話題にしなくたって、阿吽の呼吸で、認識しあえるものだ。でなければ、そんな地位に立てない。

安倍晋三氏の言動は、外観上、「わたしたちは一線を越えていない」と大差ないからだ。

もし本当に、国民目線を受け止め、支持率のダウンを止めたいなら、加計孝太郎氏とともに記者会見を開かれたほうがいい。

8.この国の不幸は、野党に政権担当能力が、全く、ないことだ。さらに、自民党の中を見ても、石破茂氏の一連の言動も、総理にふさわしくないな、と感じた。

単なる推測だが、石破氏は、やがて国政に出てくる都民ファーストと連携するのではないか、第二自民党はあってもいいかもしれない。

加計問題とハーボニー

1.昨日、一昨日と、加計問題の国会質疑を距離をおいてみていた。

マスコミの誘導も、野党の目論見も、はたまた安倍首相と加計氏の友人関係が役人の忖託を生んだかどうか、、
とかは、遠くに感じる。

2.元愛媛県知事の加戸 守行氏の言葉だけが、切実な気持ちが込められていて、心に残った。真実はそこにあるのではないか?

加戸氏の証言は、テレビではほとんど放送されていない。みな、YouTubeを見て、真剣さの度合いが、事務次官を罷免された前川某とは著しく違って、胸にせまって来るのだ。

国民の私たちは、どうも、ことの本質を知らされていない感覚に陥る。

この国の第一の権力者は、首相の安倍晋三氏ではなく、自在に国民世論を方向づけるマスコミではないか?

加戸氏は、動機も展望も明確であり、獣医学部の認可をもらうために、中軸になって、文科省の岩盤を10年にわたり、叩き続けてきたのだから。

3.わたしには、加戸 守行氏とハーボニーで慢性C型肝炎を治せた私たちとが、重なって見えた。

2015年秋、当初1錠8万円もしたハーボニー薬が認可されるまで、おそらくは、愛媛県今治市の獣医学部設置に劣らぬ岩盤があったと思うからだ。

マスコミは医療費の増大の旗印を掲げて潰しにかかる誘導は十分あり得たし、、苦慮する溝上先生の表情が浮かび上がってくる。

ただ、ハーボニーの場合は、
1﹚肝炎対策基本法が成立し、
2﹚厚労省内に、その対策室があったこと。
3﹚溝上先生を筆頭に患者の気持ちに寄り添う、優れた医師が、少なからず、おられたこと。
4﹚国会は超党派で支援する政治家が存在していたこと、
5﹚そして、最新の治療方法をしろうとする患者が多くいたこと、、
そうした要因が影響し、ラッキーがかさなりあって、パラダイムシフト、回天したのだと思う。

対して、獣医学部の創設は、文科省が壁がきつすぎるのだ。獣医師会の利権が重なってくるし。

C型ウィルスが発見されてから四半世紀、ようやくブレークスルーが始まったのは、「なんたってハーボニー」だったし、「ハーボニーありき」で何が悪い、、で進めてきたからであり、

同様に、狂牛病や鳥インフルエンザの対峙するライフサイエンスを「はじめに加計ありき」で始めていったって、いいではないか、、

1か月の試用期間が過ぎ、

1.解体会社の事務は、火、木、土と出ている。朝10時少し前に出社。10時になるとともに38歳の社長にケイタイして、その日の指示を仰ぐ。

その日、その都度、指示を仰ぐということは、職人のスタイルなのだな、と痛感した。これは、日々、振り回されることを理解してないといけない。

2.先週、それを実感した。事務のEさんがいて、社長と連絡しあっていたし、自分は既にやるべきことがあったので、わたしが直接、社長とやりとりしないでも、それでいいだろうと思っていたが、、それが社長の怒りを招くことになった。

社長曰く「あなたは見習いだ」と連発されていた。そういう思考の社長さんと、了解した。彼に対するリスペクトはやめた。

3.おまけに、あの従業員に対する車両の賠償請求は、時間がたつにつれ、呆れるばかりだ。まずは自損事故として、任意保険で処理すべきだろうに、、と。

4.さらに土曜日の朝は、いきなり外国人従業員、そのフィリピン妻の永住者の申請手続きを依頼してきた。詳細は見えない。確認もできない。

わぁ、傘にかかってくるな、、そこで、わたしはその業務を代理することはできないと断った。申請取次の更新はしていなかったからだし、安請け合いはゴメンだ。手続きにかかわったら、2か月以上かかり、ここの出口が遠ざかる。

5.そもそも、雇用契約の内容にない業務だし、いただく雑給ではペイしない。その対応は、ネットで調べた資料の出力にとどめた。

6.社長の求めは「会社案内を作り、営業に回れ」だ。当初の面接で、そう彼が言ってきたことは覚えているが、仮にそれを始めた途端、すぐに成果を求める性格と見切った。受注につながらないと、途端に荒い言葉で、叱責を浴びせてくるだろう。

石神井の顧客に対する怒りかた、Eさんの誤り対する怒りかた、車両損害賠償請求の話をしてきたときの怒りかた、、いずれも尋常ではなく、アスペルガーの症状を感じさせた。

それに、営業に奔走したとしても、「二階に上がって、梯子をはずされてしまう」ことを危惧する。徒労に終わりかねない。

7.この会社は、明日と明後日に、所轄税務署の調査が入るらしい。平成24年に会社設立してから、5年たち、法人税と消費税を中心に、追徴税のために来るのだろう。おそらく、仕掛工事の原価算入の期ヅレを見てくるだろうし、彼はその意味がわかるかどうか、、顧問税理士がいるかどうかは知らない。関心もないし、コメントは一切しない。

8.土曜日の終了後、社長に携帯し、先週振り込まれた給料の明細書をもらってないので、私の日報に挟んでおいてほしいと告げた。すると、彼は

「見習いなので、時間外手当はつけていない」と言われた。そんな律儀なことを、気にしていたのか、、

わたしは「時間外手当は当てにしてませんし、求めません。。ところで、今日で、試用期間1か月になりますが、その判断をうかがいたい」と告げた。すると彼は、
「2週間後に回答する」と言ってきた。

電話を切ったあと、深く呼吸し、、
出口は2週間後の8月5日の土曜日と、決めた。

それ以降、この会社の、ひょっとするとアスペルガーかもしれない38歳の社長に関わりたくない。。

ありえない話を二題

1.一題目は、、
工事解体業の小さな会社のパート労働をしていて、いささか驚く話を、38歳の社長が言ってきた。

2.具体的な事実関係は不明だが要は、
現場の従業員が、現場で、会社の4トンのトラックを廃車に至らしめたので、本人に車両の全額を賠償請求する、ついては内容証明を出したいので、文章を作れ、と言ってきたのだ。

3.ありえないな、頭が痛くなった。
まず、社長は従業員の安全配慮義務を感じなければいけないはずだが、その従業員に車両全壊で賠償請求しようというのだ。労働安全衛生法が求める事業者の安全配慮義務が抜け落ちているのだ。

4.判例では、従業員に重過失があれば、被害総額の25%の請求を認めるものがあったが、通常の注意を怠った程度の場合なら。そんな請求はできない。

5.会社のPCが、ウィルスか何かで壊れたら、わたしに請求するのだろうか。

6.二題目は、、
毎日、職人の応募の電話を受け取る。18日に受けた話は、所沢の方で、収集運搬の運転ができる方だったが、毎朝6:30に板橋区トラック駐車場に来れますかとたずねると、検討するで終わった。

だいたいは朝6:30の集合の条件で、検討すると言われ、沙汰闇になる。

7.そうした中で、所沢の人は、職場を変えたい理由が「社会保険料9万円も引かれるので、キツイからだ」と言っていた。その場は聞き流したが、、それはありえないな、気に成りだし、調べた。

8.単純な話だった。社会保険料は会社と労働者と折半が大前提だが、労働者が全てかぶって、支払っているからだと、、馬鹿にする気はないが、ありえない話だ。

9.その電話の向こうで、小さなお子さんがハシャグ声が聞こえていた。それがフックになったのかもしれない。

今朝、次のショートメールを送った。

前略、18日に、○○解体工業へ、あなたが電話されたときに、対応した者です。採用とは関係ない話です。

9万円の社会保険料のことで、メールしました。
結論は、ほぼ間違いなく、あなたは会社が負担すべき、保険料も支払わされています。

たとえば、月額給料が30万円なら、その30%、9万円が社会保険料であり、それを会社は半分負担しますので、あなたの、本来の保険料は4万5千円になります。

つまり、その会社が負担すべき保険料を、あなたが支払わなくてよい保険料を、さかのぼって、ずっと支払わされていた可能性が高いのです。

そこで、所沢の年金事務所に相談して、事実確認してみることをオススメします。
その電話番号は、0429980170 です。

以上、余計なおせっかいとは思いましたが、ほっておけない話でしたので、こうしたメールを送らせていただきました。


返信はないが、、それは気にしない。

Excel VBA の、奥の深さ

1.きのうは解体工事会社の業務の引き継ぎをメモをとりながら聞いた。予想はしていたが、気分はやや滅入った。

2.滅入る理由は、つまり問題点や断想をあぶり出すと、、

(1)業務委託契約書の表示に、Eさんのうっかりミスが多い。しかし、これは人の素質の問題ではなく、システムの問題である。非難は無用な、後人の感情に過ぎない。成功すると、後のものは、あたかも自分の成果のように誇りたがるもので、最初に井戸を掘った者の労苦を忘れてはならない。

(2)業務委託契約書は、PC上、ワードのような使い方にとどまるExcelでできていて、その固定化が災いしている。私のExcelのワザはたいしたことないが、それでも直観的に、なんじゃこりゃ感がつのった。

(3)例えば、同契約書にはご丁寧に印紙税の一覧表が下欄についているのだが、税制改正による変更が反映されてなく、200円の印紙税で済むのに400円の印紙が貼られていたり、、
 
(4)38歳の社長はEさんに、事務の資質がないと言い切る。何度も間違えるとお怒りの様相を示してきた。たとえば、従業員の現場への出面表、つまり給与計算に誤りがあった。そうした誤りが多すぎて、もういちいち間違いを指摘する気には、、なれない、というのだ。
たしかに、Eさんの出面計算の仕方は、紙に従業員ごと「正」の字で日数をカウントする手計算で、パッとそれを見て、昭和の時代に戻った感じがして、いったい他人がどう検証するというのだ、、どっと頭がいたくなった。

(5)そこで、自宅でやや試行錯誤しながら、単純なExcelのsum関数で、横軸は日付、縦は従業員名で、現場名と「1」の数値を落とし込み、出面表を作った。社長の業務日報に書き込まれた出面を読み違いしなければ、ほぼ正確な数値が出る。月全体で、10か所ほどの現場を出面の月累計は540人くらいで工事していることが分かり、正直、脱帽した。年商1億5千万くらいになるようだ。

(6)すると、その表をアレンジして、もう一つ、各現場ごとの出面表を出してくれと言われ、作成した。あぁ、この二つの表は、本来なら、一回の入力で済むはずと思い、、だからExcelのマクロとかVBAとかのワザが必要になるのだな、と気づいた。

(7)会計システムのように、市販のソフトで適当なものがないことも分かってきた。ある程度の規模の会社は自前のソフトを作らせているのだろうが、小さな会社はどうしているのだろうか、、ははぁ、ここは狙い目だな、、今までなんで気づかなかったのだろう、、いささか深いヒントを得たのだ。.つまり、わが本業にVBAを抱き合わせた差別化戦略は、アリだ!

この解体会社は周3日の出勤だが、その9日目にして最大の発見だった。

尊敬する三石巌博士は言われた。「ボケを防ぐには、難しい本を読んで、新しい言葉を覚えること。できたら、日常用語なんかじゃなくて、学術書を読んで学術用語を覚えるのがいい」と。BVAを学術書と見なして取り組んでみよう。BVA本は全て図書館から借りるのだ。

(8)この会社は、長居できるところではない。3ヵ月程、長くても半年以内のお世話にとどまると、、出口は決めている。
さらに、社長が、、「仕事は仕組みなんかじゃなく、ヤル気だ」と主張してこられたときには、なんだか懐かしい言動だなと思いつつ、いやはや、一段と3ヶ月、36回の出面で、雇用関係は終了させる気持ちが強まった次第。

ちなみに、仕組みの英語はシステムのことであり、ヤル気の是否で不始末が起きないように、二重チェックの態勢を構築していくことだ。歴史的にみて、複式簿記は過度のヤル気は無用とするために編み出された知恵ではなかったか、、

やたらヤル気を問う社長は、四十代に入ってから、何がしか重い病い呼び込む不運に見舞われるのではないか、、

けれど、それは指摘しない。大きな病気をしたことのない人に、いくら言っても腹に落ちたりしないだろうから、、
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();