わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る

診療明細書は入手した方が、いい。

諸事をつらつらと。今朝から発熱と頭痛。久しぶりに風邪をひいたようだ。PLを飲んだら沈静化した。

1.だいぶアンドロイドスマホに慣れてきた。とりわけ、アマゾンプライムの映画が見放題になったのがいい。前の、iPhoneのときは、制限がかかってスマホでは見れなかったのだ。最もチープな契約だったからだろう。その点、アンドロイドはフリーなのがその違いなっているのかもしれない。

2.昔仲間である陽一氏の、脳溢血で寝たきりの奥さんが障害年金が1級で認められた由。年間98万円程受給される。オムツなどは消耗品はこれで賄われるだろう、、ひとまずは、よかったねと返信した。わたしが気付き、陽一氏に手続きすることを強く促したのだ。これで、少し資金繰りが楽になるのではないか。

3.10月3日に国府台病院の診察を受けた。11時半に入り、採決のみ、エコーはしなかった。診察は13:30過ぎだった。青木先生は、どこにも問題はないと言われた。その主なデータはこうだ。

と思ったら、データの紙がみつからない。覚えているコリンエステラーゼがまだ基準値以下だが、徐々に増加傾向にあり、次回はもっとよくなっているだろう。

4.なんだか、もう今後の経過観察をうっちゃりたくなって来ている。肝がんができる感じがしない。これが油断というやつかな。

5.さて本題、国府台病院の診察を終え、会計の段になって7640円とあり、なんか高いなと感じながらも、精算をすませた。いつも領収書だけでなく診療明細書も、もらうようにしていた。それで、さっき明細書を見たら、肝硬度測定として200点ついていた。フィブロスキャンのことだが、やってなんかない。いつもエコーとともにフィブロスキャンは行っている。なので誤計上は明らかだ。忘れないうちに、電話して、ただすことにしよう。

みなさん、診療明細書は捨てずに前のものと見比べた方がいいですよ。。

 

前原さんの政界再編力

このところ、衆議院選挙の動きを見ていて、一人で面白がっている。

1.解散の意図は、北朝鮮の有事にある。それも、その戦後処理をどう対応するか、、安倍さんは安定的基盤のもとに、米中露の中にコミットメントしていきたいのだ。

2.有事になれば、難民が出ることは必定。それをできるだけ抑えたいのだ。「国益」に反するからだ。国益の裏には、その是非に及ばず、国体思想がある、と思っている。

3.二大保守勢力による政権交代、間に中道勢力が入り、行ったり来たり、弥次郎兵衛的な機能をはたす。そこで公明党だけでなく、もうひとつ中道政党が出てくれば安定してくるのに、、と思う。

4.リベラルをうたう左翼は、この国の人びとから厭きられている。消えてなくなれとは思わないが、政権担当能力は、これから先も、ない。

選挙権をもつ私たちを、保守は「国民」と呼び、リベラルは「市民」と呼び、中道は「民衆、大衆、庶民」と呼称する。が、どの勢力も「人民」は使わない。最近の共産党が「国民」を使うのことに、少し驚いている。党の軸が溶け出しているのかもしれない。

5.最後の民進党代表の前原さんは、結果的にこうした振り分けをしたわけで、徳川慶喜や坂本龍馬級の歴史的貢献をしたことになる。選挙まで、その沈痛な表情をしっかり見つめていたい。影の主役デアリ、ポンコツ扱いはあたらない。小池さんの言質をとらなかったかどうかなどは、考えた上での演技だろう。

俯瞰してみて、こうした流れは、いい方向に向かっている。

今考えていることのメモ

昨日土曜日は、工事解体会社の事務所で、一人黙々と、「委託契約書とマニフェスト」の管理方法について考えた。この仕事を始めて3ヶ月たち、ようやく思考のスイッチが入った。20時まで事務所にいた。思い付くままに項目だし、、

1.Excelで「委託契約書管理簿」と「マニフェスト管理簿」の二本立で行くこと。横の項目は当分流動的でよい。完璧は目指さない。

2.ふたつの管理簿のヨコグシは、表の左端の工事番号の項目で、繋げる。工事番号の発番は受付順にし、契約日や工期に合わせたりはしない。時系列順は無視。

3.目に見える形の導線として、発番ファイル(50枚程の色紙かザラ紙でしきる)、マニフェスト三段ボックスを、受付と発番入力に分けて使う。

4.発番ファイルは、敷紙に工事番号を印字し、そのうらに契約書甲乙型の写しか、またはマニフェストの写しを入れておく。

5.流れとして、まずは書類受付、受付日→三段ボックス上段入→発番ファイルに写しを入れる→マニフェスト管理簿と委託契約書管理簿に入力→マニフェストを中段ボックスにいれる。→中段ボックスがたまってきたら、工事番号ごとに仕分けし、グリップとめ→下段ボックスに入れる。狭い事務所だが、うまく視覚導線をつくろう。

6.契約書は、G現場型、N年間契約型、J自動更新型、Y自社排出型の4通りに分けて、そのイニシャルを工事番号に付加する。

7.最終の保存ファイルは、G現場型は赤ファイル、N年間契約型は緑、J自動更新型はベージュと色の統一をする。Y自社排出型は、縦A4赤ファイルにする。

8.既存のファイルは背表紙を「工事名」「工事番号」「排出者名」に変える。

9.電子マニフェストの場合の壁グリップの移動のようにながれをビジュアル化させること、そうした「視覚の導線」こそが一人事務所の管理手法のキモではないか。

10.うまく機能しはじめれば「視覚の導線」が、契約書の取り付け不備など、不具合を自然な形で、私に告げてくれるだろう。記憶に頼らずに済むようにしたい。パート労働のたち位置なのだから、この会社のことで、過剰な悩みはもちたくないわけだし。

政治の風景

すっかりブログから遠ざかってしまった。もとより、このブログは、備忘録として書いている。記憶の宮殿はとは言わないまでも、そうしたヨスガになればいいと。

1.我が家から直線で300メートル以内に住んでる小池都知事は、どこまで肩書きを変容させるのだろうか。このまま都知事で3年間留まるとは思えない。この1年間をみても、小池さんの実績と言えるものはない気がする。むしろ豊洲移転など、機会損失を膨らませ続けている。

2.小池さんは、きっと、衆議院選挙の東京の小選挙区の中で、かつて出た東京10区以外のどこかから、踊り出るだろう。現在の東京10区選出の若狭さんは、そのまままた出馬することになるのかな、、  

3.東京10区の選挙権者の一人として、補欠選挙の前回もそして今回も、若狭さんに投票したりは、しない。無所属としてでるのだろうか、鈴木庸介さんという元民進党の、ただの新人に入れる。かれはまた出馬するだろうか、、彼は前回の負けで坊主頭になっていたな、、

追記、自民党は東京10区から鈴木隼人という比例区の議員を出すようだ。同じ鈴木姓だなんて、鈴木庸介さんは一段と当選は難しくなった。

4.この選挙の影の主役は前原代表である。正確に彼が握っている何百億円かの政党助成金の采配する力にある。真価が問われる。 

5.戻る。小池さんを魚に例えると「黒潮の回遊魚」みたいなもので、腰を据えることはできないだろう。安倍さんは小池批判はできるだけ控えた方が得策だ。逆手に取られ、出馬への格好の理屈を与えるだけだからだ。それに、安倍さんはもっと正直に半島危機が動機だと叫んだ方がよい。おそらく、トランプさんから有事の行程を告げられているのではないか、、そして北朝鮮の、戦争を知らない、昔懐かしい黒の電話機を頭にのせている若者が、どのタイミングでロケットを発射させるか、、それによって選挙情勢は変わるだろう。 

6.わたしたち国民は、マスコミの過熱報道に踊らされることなく、俯瞰して投票した方がいいだろう。

7.ついでに、昨年か参議院選挙で当選した公明党の長沢議員は、議員宿舎に愛人の女性を泊めて生活していた。宿舎のルール違反で、議員を辞めたわけだが、当然のことだ。

税金で生計を立てていて、公共圏のど真ん中に政治家は、どこの政党であれ、街中の不倫はダメだろう。

前に、辞めた長沢議員の選挙ポスターを見たとき、なんだか口元のしまりない男だな、、と感じたが、その印象は当たっていたのかな。。

会社の帰り道

月末に、工事解体会社は3人が退職した。やはり、社会保険の喪失は、そういうことだったのか、、退職という言葉は、社長は私に告げなかったが。

作業風景を見たわけではないが、彼らは、よく頑張ったと出面表を入力していて、推測できる。毎日どこの現場に行くのか、朝にならないとわからないなんて、普通のサラリーマンには、耐えられないに違いない。

解体会社で2ヵ月が過ぎたが、ミスマッチというか、もう少し、自分のポテンシャルに合った仕事環境に就きたい気になっている。労働のストレッチは済んだ。肝臓が健康なると、こうも心持ちが変わるものなのか、、強きで、次の場に躍り出よう。

幾分、社長の言動が丁寧になっていて、反省するところもあるかもしれないが、低賃金の構造は変えられないだろう。

本題に入る。
板橋区の、この解体会社に6月下旬から、週三日のパートを始めた。朝9:35に家を出て、環七の歩道をひたすら自転車で北上し、15分かけて会社に到着。
が帰りは違う。18時ころ環七ではなく、宮の下パステル通りをたらたらと自転車で南下するのだ。それがいい。

最後に板橋区のK図書館による。よく利用する練馬区の図書館と違い、そこは20時までやってくれていて、ホスピタリティーがあって、いいのだ。隣接区の人間は、貸出カードを発行してもらえるので、そうした。

かつて、まったく通ったことがなかった街並みを見るかとに、嬉しさを感じている。

わたしの意識の中で、帰り道は「失われた時空間」なのだ。別に建物が古いわけではないのに、昭和の余韻を感じ、懐かしい感じしてならない。東上線中板橋駅からも、有楽町線小竹向原駅からも、徒歩15分はかかるエリアなのに、街並みが形成されている不思議。

焼肉屋、パン屋、寿司屋、魚屋、文房具屋、などで、そこそこ客がいて、商圏が成り立っている。が衣料品店は絶滅している。むべなるかな。

わたしはまだ、パン屋さんにしか、よっていない。そこのあんパンが甘さ控えめで、気に入っている。

その商店街を公団かなにかマンションの中を通り、AEONにより、金麦を買いこみ、、図書館の飲食ができるところがあり、見つからないように金麦を飲み、かつあんパンを食べる。普通はない食べ合わせだが、嫌いでない。

そうして、そのテーブルにVBA のテキストを開いて復習する。遠い昔の、午後の学食のようだな、この感じは。

解体会社の事務についたから、この発見がある。38
歳の社長に感謝、、

解体会社の話

久方ぶりに、断片的に書く。

7月に辞めたEさんに、30日の午後お会いして、事務所に忘れていったものを渡した。彼女からは、会社で使っていた作業服を預かった。

なんだかんだ、二時間近く話しただろうか、正味10日間ほど、いっしょに働いたにすぎないが、互いに戦友のような意識がある、、ようだ。

1.若い作業員の人たちが、正社員であるのに、社会保険の資格の喪失を申し出て、すんなり社長は受け入れていることに、私たちは、呆れていた。加入の手続きをしたEさんは、わたしの手続きはムダ骨だったと言った。

2.社長にしてみれば、法定福利費が減少するから、これ幸いと思っただろうが、正社員としてのたち位置からみると、あり得ない、おかしな話だ。

基本的に、資格喪失は退職でなければならず、引き続き従事するならば、下請けに入る形になる。そこら辺のところを社長は、分かっていない。が、指摘はしない。

3.本質的に、作業員の給料が安すぎるのだ。社長の月額報酬は140万円だが、彼らの平均月給は、その2割に満たない。なんじゃ、こりゃ、、

8月の炎天下の作業をよくこの報酬で、やっているなと、やや愕然とした。彼らは悲鳴をあげている。これではヤル気は持続されないだろう。仮にわたしが、その作業を1日、いや半日でもやったなら、途端に「搾取」と感じるに違いない。朝6:15から夕暮れまで働く。時間単価でとらえたら、1000円以下ではないか。

4.が、彼らの代弁はしない。わたしはパート労働者であり、そんな口出しは無用なことだ。ただし、、
わたしが、今度、社長と理不尽な衝突があったときは、退社を告げるだろう。


それでもだ。

俯瞰してみて、2015年9月、会計事務所にいたときの不快感よりは、この解体会社の事務作業ほうが、仕事自体は性に合っている。委託契約書とマニフェストの管理ができること、それが到達点だ。9 月でクリアさせよう。

5.Eさんは、派遣登録をして、条件に見合う会社を探しているようだが、筆記試験もあったりして、厳しいかもしれない。

あえて書くが、Eさんの人柄は明るくていいのだが、事務処理のセンスは、かなり劣る。

事務作業のリテラシーがない。マニュアルを集めて、次の人に役立ててもらうというスタンスがなかったし、彼女から、委託契約書の引き継ぎ説明を1時間聞いたが、何がなんだか、さっぱりわからなかった。

もっと言うと、Eさんの手書きのメモを見ると、「頭がきな粉になる」(私だけのオノマトペ的表現)のだ。字はその人の内面が現れる。小さな子どもが書いたような、ひらがなが多く、漢字が少ない。読み取りに戸惑い、こりゃ読む気がしなくなり、あとでまとめて聞こうと決め、30日に会ったわけだ。

6.戻る。歓談のあと、Eさんの車で、解体会社のトラック置き場を立ち寄ってもらった。百聞は一見にしかず、人影はなかったが、通過した際、よく働いているなぁ、という感慨が走った。

さらに、Eさんの家の近くにある曹洞宗のお寺の境内にある板橋区の第一保育園によってもらった。60年前に、1年通った保育園だった。そこは、悲しい記憶しかない。

その寺には、Eさんの幼なじみの女性の墓があるという。28歳のとき、沖縄の海でダイビング中に亡くなったのだと。よく働き、寝る間を惜しんでダイビングに夢中になっていて、遭難したと。

そして、Eさんは不思議なことを言った。
亡くなった日、訃報の電話が入る前に、朝、金縛りのように全身が冷たくなり、起きれなくなってしまい、あぁ、彼女に何かあった、と感じた。身体がシンクロしたのだ。

どうやら、Eさんは、憑依体質のようだ。
  

続、公証人との機微

前回の公正証書遺言のことだが、公証役場の確認事項として、次の11項目が上げられていた。

1.遺言者の印鑑証明書
2.遺言者の現在の戸籍謄本
3.遺言者の住民票
4.遺言者と相続人の関係がわかる原戸籍謄本
5.受遺者の住民票
6.土地建物の登記簿謄本 
7.土地建物の評価証明書
8.金融資産の明細
9.お墓の所在地、正式名
10.遺言できる判断力がある旨の診断書
11.証人の身分証

すぐ、気づかれるだろうが、10.診断書に苦労するのだ。医師が書く内容によって、公正証書は作成できなくなってしまうからだ。

本件の場合は、診断書を出さずに済ませた。ご本人にお会いしたときの、わたしの印象や、自ら署名ができることを公証人に伝え、承諾してもらえた次第。正直、ホッとした。

実は、ご本人はアルツハイマーに罹患していて、病名を伝えたら、この話は終わっていたたかもしれない。

問題は、遺言書ではなく、「委任契約, 任意後見契約および死後の事務委任契約書」の方だった。
実は、生前中の早い段階で、自宅の売却を想定している。

すると公証人は、それなら、代理権の範囲に、自宅の売却を踏まえ、不動産の表示登記の内容をのせておくといい、と言われた。明解だった。そうか、そこまで踏み込んでいいのだと、感じ入った。

16日の水曜日の午後、公証役場で作成が始まった。

公証役場の公証人との機微

このブログは、自分本位で書いている。話は適当、とりとめもなく、かつ落ちはない。この自己本位に意味があるとすれば、持続を担保する言葉である、と見ている。

先日、高校の友人、山本龍二が大河ドラマに、武田の家臣役で出ていた。回想シーンの中で、一瞬見ただけだが、伊藤雄之助に近い怪優ぶりを発揮していた。
山本は、NHK のドラマに、ワンショットで出ることが多い気がする。しかも、うまい使われ方をしている。きっと、本人も、気分は悪くないだろう。

さて、本業の話。
今月16日、公証役場で公正証書遺言と任意後見契約書等の契約書調印の証人として、立ち会う。

初回打合せは7月11日であり一月のスパンか、、
契約書の原案はわたしが作った。公証人の知恵をつけてくれて、依頼人の目論見にそう内容になり、「街の法律屋」として、満足している。

報酬は、値切られ、本来の6割ほどになったが、高校の友人Kからの引き合いだったので、四の五の言うのはやめて、仰せの通りに、了解した。   

依頼人は遺言者の母親の長男であり、母親の介護に専念していて、無職の年金生活者だった。母親の財産は、23区内の自宅不動産のみ。
自宅の外観は立派でも、わたしと同様に生活はタイトにちがいない。母親の預金残高は聞かなかた。

依頼人の長男は介護疲れで、母親を特養に入れて、いずれ自宅を売却しようと考え、宅建業者のKに依頼してきたのだ。二人は中学の同期だった。

売却したら、依頼人の住まいは、心配無用で、数年前にやはり中学の同期の女性と再婚していて、売却後は女性の家に住むらしい。依頼人の筋書きは、よくできている。

ちなみに、再婚相手の女性、寛子さんは、わが鷺宮高校と同期だったが、お互いに分からず、新鮮だった。当時は、一学年450人近くいたから、知らなくても不思議ではない。

テーマから、かけ離れてしまったな、

続きは次回に、
訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();