FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る

あらためて、壁は蔵の財だな

さて何から書こうか、、
「一生成仏抄」は、9月12日頃からほぼ暗唱できるようになった。
そうか、、その日あたりは、日蓮大聖人が竜ノ口で首を切られんとした頃だ。

そしてこのところ毎日一回は、ゆっくりと抑揚を付けて、一生成仏抄を暗唱している。所要時間は10分ほどか、、すると暗唱の切れ間から気づくものがある。必ずしも有名な断簡とはいえない、一文からだ。

たとえば、一生成仏抄の冒頭に「衆生本有の妙理を観ずるにあるなり」とあるが、、

ぶっちゃけ一体全体、こりゃ、何て漠然としたコトバか?、カントのいわゆる「もの自体」と似た印象が残る。

未だに「だから、それって何?」ともどかしい感じがしてならないのだが、、

ふと気づいた。
日蓮大聖人は16歳のとき、千葉の清澄寺の虚空蔵菩薩を前にして、そうとしか言い表せない現象を受けとめたのだ、と。その受容があって、同時かあるいはその後に、南無妙法蓮華経に想いおこされ、名づけらるたのではないか、、と。

かつて、戸田先生は質問会で、よく「それは本地の問題だ」と応えられていた。
私にとってパワーワードであり、永く記憶にあった「本地」は、衆生本有の妙理に通底するのだ、と今は見ている。

あるいは、約1600ページの御書の全編を暗記、暗唱できたら、本地に立てるかも、、
でも、そうした意気込みで、次は、、
○義浄房御書の全文
○法華初心成仏の最終パラグラフ
○生死一大事血脈抄の全文
を暗記、暗唱する、、と決めた。

今、思い出した。次女の名「理生」は、「衆生本有の妙理」から2文字をいただいたものだ。すっかり忘れていた。


さて、上手くいえないが、くりかえし、ひたすら書き表すことを以下に、。

1.あらためてこの信心のすごさは、一遍の題目を唱えることが法界に遍満するという事実に、ある。この現象は事実であり、幻術でも詐術でも、、ない。

2.ただただ、素朴にやってみないと、わからない。大腸がんとC型肝炎の完治の過程を経て、つくづくそう思う。大腸がんで亡くなった隣のベッドにおられた倉谷さんに、その話をしなかった悔いが残る。その頃は確信がなかったのだ。病いは題目で治せる。時間切れで寿命が到来するかもしれないが、その病いは、ロックオンできる。自分に変容が必ず起きる、と。

なので、家内の急性骨髄性白血病は、必ず治る、と見切っでいる。その為の100万遍題目を11月までに到達させる。妙経を遍満
家内は来週3度目の入院となる。

3.わが長女がこう尋ねてきた。
「題目を唱えることで病気が治せることはパパを見て、わかった。だけど生活の悩み、正直言って、お金の苦しみは解決するのか?」と。

素朴に、当然の問いかけだ。

わたしの経済力をやんわりて弾かしてきている。

下世話だが、人生決して侮れない「蔵の財」という壁だ。。

戻る。わたしは、死ぬまでに何万回も一生成仏抄を、決定して、暗唱することになるに違いない。

オリヴァー・サックスの最期

「レナードの朝」の著者オリヴァー・サックスの「サックス先生、最期の言葉」を読了した。

中はエッセイ4篇で、すぐ読み終えた。その内の一遍「わが人生」は、サックス先生が亡くなったときに載った朝日新聞の記事を読んで、知っていた。それはこのブログに転載した。

そこで、ほかのエッセイで気になった点を掲げると、、

1.目にできたメラノーマが転移し、肝臓がんで、亡くなった。享年82歳。

ロンドン生まれ。リトアニア系ユダヤ人、正統派ユダヤ教徒の家庭に生まれた。ただ生涯独身で男性の恋人がいて、そのことで少年期、母親との確執があったようだ。

2.仏教とは全く無縁の脳神経科医であるサックス先生だが、「水銀」の中の文章で、一生成仏抄に通底するものを感じた。主語が、、神の外在ではなく、「人生」にあるからだ。

私は人生をまっとうしようと努力すべきだと思う。

私は死後の存在について何も信じていない(あるいは望んでもいない)。自分が死んだあと、友人たちの記憶のなかで生き続け、私の書いた本が人々に「語りかける」ことを望むだけである。
(中略)
94歳まで生きた私の父は、80代は人生のなかでもとくに楽しい100年だったとよく言っていた。

精神生活や物の見方が縮むどころか、広がるのを感じたそうで、私もいまそう感じはじめている。

人は自分自身の人生だけでなく、他人の人生も長いあいだ経験している。


勝利と惨事、好況と不況、革命と戦争、偉大な功績と不可解なあいまいさを目の当たりする。

結局は頑固な事実に覆されるのを目の当たりにする。そしてはかなさと、おそらく美しさを強く意識するようになる。

80歳になると、若いときにはなかなか到達できない達観の境地に達したり、歴史をまざまざと感じたりすることができる。

いまでは一世紀という年月がどんなものかを想像できるし、肌で感じることができるが、、

老年期は、自由に好きなことを探求し、生涯をとおして考えてきたこととを感じてきたこととを結び合わせることができる時間だと思う。


ほかに、
将来、すでに原子物理学が達しているレベルの精度と多様性に「原子核物理学」が到達するという話。

どうして脳が意識を生むかという難問は、2030年までに解決されるという友人の予想に対して、サックス先生は「そもそも問題としてとらえていない」と、、それって、わかる気がした。

ふと、想像だが、サックス先生は小さいころ旧約聖書を徹底的に覚え、暗唱もさせられたのではないかな、、

今、人生において偉大なる文章の暗唱は、大事だな、と思い始めている。

このあと、サックス先生の自伝「道程」を読むことに、、しよう。

一生成仏抄 全文

一生成仏抄の全文を、35段にナンバリングして以下に掲載する。これを35枚のにカードにして、暗記し、、約2 ヶ月かけて暗唱できるように。ひとまず、めでたし。
ちなみに英語版の御書は、冒頭に一生成仏抄がおかれていると、今しがた知った次第。

余談だが、2021年に創価学会は、日蓮大聖人御書全集を改編、出版する。新たに大聖人の遺文と判明した御書を追加し、また偽書と認定したものをはずす、、らしい。そこで、もしかしたら、その筆頭の御書は英文御書と同様に、「一生成仏抄」ではないか、と。

一生成仏抄 建長七年 三十四歳御作
 与富木常忍
 
(第一段落)
1.夫れ無始の生死を留めて此の度決定して無上菩提を証せんと思はばすべからく衆生本有の妙理を観ずべし、

2.衆生本有の妙理とは・妙法蓮華経是なり

3.故に妙法蓮華経と唱へたてまつれば衆生本有の妙理を観ずるにてあるなり、

4.文理真正(モンリシンセイ)の経王なれば文字即実相なり実相即妙法なり

5.唯 所詮一心法界の旨を説き顕すを妙法と名く

6.故に此の経を諸仏の智慧とは云うなり、

7.一心法界の旨とは十界三千の依正色心・非情草木・虚空刹土いづれも除かず・ちりも残らず一念の心に収めて此の一念の心・法界に徧満するを指して万法とは云うなり、此の理を覚知するを一心法界とも云うなるべし、

8.但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず麤法(ソホウ)なり、

9.麤法は今経にあらず今経にあらざれば方便なり権門なり、

10.方便権門の教ならば成仏の直道にあらず成仏の直道にあらざれば多生曠劫の修行を経て成仏すべきにあらざる故に一生成仏叶いがたし、

11.故に妙法と唱へ蓮華と読まん時は我が一念を指して妙法蓮華経と名くるぞと深く信心を発すべきなり。
 
(第二段落)
12.都(スベ)て一代八万の聖教(セイキョウ)・三世十方の諸仏菩薩も我が心の外に有りとは・ゆめゆめ思ふべからず、

13.然れば仏教を習ふといへども心性を観ぜざれば全く生死を離るる事なきなり、

14.若し心外(シンゲ)に道を求めて万行万善を修せんは譬えば貧窮の人日夜に隣の財を計へたれども半銭の得分もなきが如し、

15.然れば天台の釈の中には若し心を観ぜざれば重罪滅せずとて若し心を観ぜざれば無量の苦行となると判ぜり、

16.故にかくの如きの人をば仏法を学して外道となると恥しめられたり、

17.爰(ココ)を以て止観には雖学(スイガク)仏教・還同外見(ゲンドウゲゲン)と釈せり、

18.然る間・仏の名を唱へ経巻をよみ華をちらし香をひねるまでも皆我が一念に納めたる功徳善根なりと信心を取るべきなり、

19.之(コレ)に依つて浄名経の中には諸仏の解脱を衆生の心行に求めば衆生即菩提なり生死即涅槃なりと明せり、

20.又衆生の心けがるれば土もけがれ心清ければ土も清しとて浄土と云ひ穢土と云うも土に二の隔なし只我等が心の善悪によると見えたり、

21.衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり、

22.譬えば闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるが如し、只今も一念無明の迷心は磨かざる鏡なり是を磨かば必ず法性真如の明鏡と成るべし、

23.深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし何様にしてか磨くべき只南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり。
 

(第三段落)
24.抑(ソモソモ)妙とは何と云う心ぞや只我が一念の心・不思議なる処を妙とは云うなり

25.不思議とは心も及ばず語も及ばずと云う事なり、

26.然れば・すなはち起るところの一念の心を尋ね見れば有りと云はんとすれば色も質もなし又無しと云はんとすれば様様に心起る

27.有と思ふべきに非ず無と思ふべきにも非ず、

28.有無の二の語も及ばず有無の二の心も及ばず有無に非ずして而も有無に徧して中道一実の妙体にして不思議なるを妙とは名くるなり、

29.此の妙なる心を名けて法とも云うなり、

30.此の法門の不思議をあらはすに譬を事法にかたどりて蓮華と名く、

31.一心を妙と知りぬれば亦転じて余心をも妙法と知る処を妙経とは云うなり、

32.然ればすなはち善悪に付いて起り起る処の念心の当体を指して是れ妙法の体と説き宣べたる経王なれば成仏の直道とは云うなり、

33.此の旨を深く信じて妙法蓮華経と唱へば一生成仏更に疑あるべからず、

34.故に経文には「我が滅度の後に於て・応に斯の経を受持すべし・是の人仏道に於て・決定して疑有る事無けん」とのべたり、

35.努努(ユメユメ)不審をなすべからず 穴賢穴賢、
一生成仏の信心
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経。
              日 蓮 花押

「一生成仏抄」の暗唱

少しこのブログから遠ざかっていたが、実はこの夏、さまざまなことがあり、、いささか疲れた。

家内の急性骨髄性白血病は、その分類がM2で、比較的治療効果が期待できるものらしく、希望を持てている。

7月下旬に一回、一時退院し一週間自宅にいた後、再び地がため療法のため、入院した。

さらに倍の抗がん剤投与を今、行っていて、9月に入り、来週あたり再び一時退院する。そのくりかえしの治療をあと2回やる。終わるのは11月下旬くらいになる。

週一回、電動自転車で50 分かけ、天然水6本を病院に運んでいる。家内は免疫力はほとんどない状態なので、基本シャットアウトだが、それでいい、少し顔を見るだけで帰るが、毛髪が抜けるのは致し方ないな、、とたんたんと思うだけだ。

わたしに出来るのは、自分がそうしてきたように、南無妙法蓮華経と7文字の題目を唱えるだけだ。

7月中旬、日蓮大聖人が34歳のときに書かれたか「一生成仏抄」をB6ノートに書き写してみた。およそ1500字。35の文節に分けて、ナンバリングして書くことにした。

書き写してみて、何気に暗記し、暗唱しようと決めた。韻律がある。もしかしたら本抄は暗唱出来るように、大聖人が工夫されたのではないかと想像したからだ。

西アジアの庶民は、コーランや詩を普通に暗唱するという。たまたま、そういう場に遭遇した日本人は驚いたと、人づてに聞いた。

また一生成仏抄は、それこそ一生ものの価値がある名文だが、世間はほとんど知らない。

もう一つ、輪廻転生で次の生が日本とは限らないとなれば、今生で原文を心肝にそめておこう、、百万回暗唱すれば、きっと心の奥底に秘沈するだろうと。

おそらくだが、大聖人が布教を開始した当時は、御本尊はなかったし、草創の信仰者は本抄をたえず持ち、暗唱したのではないかとも、、思う。

とにかく一生成仏抄は、簡潔にして、すばらいしい。

そうして昨日、9月1日にほぼ暗唱できるよいに、、なった。また昨日、池田大作「一生成仏抄講義」が届いたので、熟読し、自分なりに本抄を展開できるように、したい。

八月のクリスマス

先週、Amazon Primeで韓国映画『八月のクリスマス』を見た。10年以上前に、NHKのEテレだったか、見て以来の二度目だった。

当時、なんだか他人事には思えない感じで、いた。幸い、わたしの場合、病死は免れたが、重なるものがあったからだ。

街の小さな写真館を営む三十代の男、ジョンウォンと
若い娘、駐車違反取締官のタリム、
二人の、その年の八月だらう、夏から晩秋か初冬にかけて、短い間の物語だった。

男は余命がいくばくも無いことを宣告されていたが、平らかな日常が淡々と描かれている。男の表情がいい、立ち居振る舞いがいい、

映画は、男がうつ伏せで寝ていて
、ゆっくり起きるシーンから始まる。体調は悪いようにも見えたが、病名などの説明は一切ない。痛みを見せることもない。

全体が静謐であり、、抑制の聞いた描写がかえって心にしみてくる。浸透力は「半端ない」

映画とともに、どうやら、小説ノベライズされていたようだ。なので、Amazonの中古本で258円、ポイントで注文できた。20日頃、届くだろう。

この題名は、八月に出会い、互いの心のギフトをクリスマスという言葉にかけたのだろう。

チャイナをどう観たらよいか?

ここを見に来られる人は、数人と少ない。
だからという訳ではないが、チャイナを
どう観たらよいか? あらためて存念を、

1.日本にはあるが、チャイナには『国体』がない。中華人民共和国という名に値する共和国の中核はない。映画のセットのハリボテの体裁国家でしか、、ない。

2.チャイナを独裁する中国共産党は、「」という地縁血縁で形成された50の巨大なファミリー集団からなるヤクザ団体が主流なのだ。江沢民派はその典型である。

3.周恩来の流れを持ち、比較的純粋で人間的なのは中国共産主義青年団であり、かつて胡錦濤、李克強たちがその代表であった。彼らは国内視察を親身にやってる印象を持つ。ちなみに創価学会はこのグループとの関係が深い。

4.中国軍は、政府の管理下でなく、中国共産党の管理下にあり、正しく言えば習近平の直轄にある。

5. 尖閣諸島の100日近く侵犯してくる中国海警局は、最近、中国海軍に編入されたことから、習近平が直接、尖閣諸島の侵犯を指示しているのである。

6.そんな悪事を働く習近平を国賓に招くなど、土台おかしい。公明党の山口代表は高次元でと招聘に賛同しているが、それこそ、泥棒に追い銭だろう。

7.公明党創設者による1968年、中国国交回復時の講演の中で、中国共産党指導者が変節したら見直しを、と言っておられたが、、今のチャイナはそうした変節以外の何者でも、、ない。

8. 素朴に信じたいのだが、周恩来がいたら、こんなことさせなかっただろう、と。

楽天主義、楽観主義、悲観主義

楽天主義とは、どんなことがあっても、何とかなると根拠無く思っている状態で、自分で何とかしようとはしません。一方、楽観主義とは、どんなことがあっても何とかしようと行動することです。
 天にまかせて何もしないか、可能性にかけて行動するかの違いです。
 岸見一郎『アドラー心理学入門~よりよい人間関係のために~』(KKベストセラーズ)に、次の話が紹介されています。

 二匹の蛙がミルクの入った壺のふちのところで飛び跳ねていました。突然、ミルク壺に落ちてしまいました。一匹の蛙は、ああもう駄目だ、と叫んで諦めてしまいました。そしてガーガー泣いて何もしないでじっとしているうちに結局溺れて死んでしまいました。
 もう一匹の蛙も同じように落ちたのですが、しかし何とかしようと思ってもがいて足を蹴って一生懸命泳ぎました。すると足の下が固まりました。ミルクがチーズになったのです。それでピョンとその上に乗って外に飛び出せました。
 溺れた蛙は悲観主義です。悲観主義と楽天主義は、結局は同じなのです。
 現実を見て諦めるか、現実を見ないで何とかなると妄想するかです。
 楽観主義は、現実を見据えて、なお、自分に何ができるかをかんがえて、希望を持って、行動することなのです。

(2014.12.3

堀江貴文『時間革命』読後の断想

よく月に○冊読むとか、多読家がいるが、私はそんな言い方したことが全くない。なんとも意味のない自己表現に聞こえてしまい、ほほ笑み、沈黙するだけだ。

もとより本はさまざまあるし、本によって精読もあれば、つまみ読みでよし、とする本もあるし、借りて暫く積ん読だけの本も、あっていいのだ。

最近になって、わかったのはノンフィクションの本は、買って損したなと、私の場合、感じるようだということ。

『女帝 小池百合子』は面白いが、私たちの人を見る眼のなさに愕然とするだけで、、メモリアルで買ってみたことを、やや後悔している。

愕然としたのは、これまでに、選挙で「小池百合子」と少なくとも3回書いた気がしたからだ、、

たぶん小池さんは再び都知事となり、その4年後は衆議院議員は厳しいだろうが、参議院議員あたりを狙うのだろうな。

さて、掲題の本だが、図書館借りで、ザックリ読み、昼前に終了した。

けれど、共感すること、腹に落ちるものが多々あった。早速、目次の41項目をB6ノートに転記した。その目次ノートを眺めるだけだが、堀江貴文さんの主張のあらましがよくわかる。堀江さんは、やはり素の人だな。ホリエモン新党に投票することはないが、その動きを見続けるだろう。

ついでに、ユーチューブの及川幸久氏の話も毎回見るようになった。所属団体はともあれ、彼の声のトーンと事実説明の的確さにリスペクトしている。狭き門だろうけど、国会議員になってもらいたい、とも思う。

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();